店頭プロモーションでターゲティングができるオリジナルビンゴカードがすごい

[browsershot url=”http://bingocard.jp/lp/20121017/” width=”600″]

当社で制作を行っているオリジナルビンゴカードが、
非常におもしろい所で活用され、成果を上げている。

某大手企業の店頭プロモーションでの活用例であるが、
まず、その企業のロゴを配置したオリジナルデザインで台紙を作り、
そして、そこにその企業が提供する「サービス名(文字)」を
ランダムに配置した。

ここからが、このビンゴカード活用法のポイントである。

どの企業にも、複数のサービスがあるが、
そのサービスの内、今お客様に契約して欲しいサービスがあるだろう。

そんな時に、オリジナルビンゴカードを活用し、
ビンゴゲームを通して、年齢・住所・配偶者の有無など特定の属性のお客様や
特定のサービスに対して未契約のお客様を選別する仕組みを構築できる。

営業効率がアップする

平たく言えば、ビンゴゲームを行って、
企業にとって最適な見込み客の方に「ビンゴ!」して貰うように、
予めビンゴカードを調整できる。

これにより、営業効率がアップすると共に、
欲しい人に欲しいサービスを提案できるため、成約率もアップする。

参加者は、楽しくゲームに参加して、お得な情報を得られる。
主催者は、高い費用対効果の店頭プロモーションを実施できる。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって、
少しでも参考になれば幸いである。
詳しい情報は、こちらからお問い合わせ下さい。