絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.10:O2Oアプリでみんなにお知らせチェックイン!

絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.10:O2Oアプリでみんなにお知らせチェックイン!

売上アップ専門家の高橋です。

vol.9:O2Oアプリで実店舗をショールーム化?」に続き、
お店や企業が、売上アップを目指すなら、
絶対に知っておいて欲しいキーワードの1つの
「O2O(オーツーオー)」について、
連載講座として、ブログ記事を公開していきます。

O2Oアプリでみんなにお知らせチェックイン!

vol.5:お客様がどこにいるかO2Oアプリは知っている?」からここまで、
位置情報に関する自動検知によるプッシュ通知についてお伝えしてきました。

それに対して、お客様が手動で行う動作として、
「チェックイン」が挙げられます。

みなさんも、foursquareやFacebookのアプリを使って、
「チェックイン」した経験はありませんでしょうか?

参考:位置情報サービス総まとめ!O2Oで店舗の集客に役立てるサービス5選
   (ソーシャルメディア集客ラボ)

このようなチェックイン系サービスの場合、
重要になるのが、「ユーザー特典」と「SNS拡散」です。

まず、当然ながら、チェックインすることで、
クーポンやプレゼントなどの特典をユーザーに提供することで、
アプリの使用と来店誘導を実現することに繋がります。

次に、非常な重要なポイントとして、
チェックインしたことが、SNS経由で、
お客様の周囲の方へ情報が拡散することが挙げられます。

Facebookは元々SNSですが、
独自のチェックイン系O2Oアプリを開発して提供する場合、
SNSアカウントとの連携が無いと、
情報の拡散性に限界が生じてしまいます。

特典を提供するお店側にも、メリットを提供するためには、
より多くの方へ情報が届くという価値を構築する必要があります。

お店とお客様の両方がハッピーになってこそ、O2Oの価値が生まれます。

次のブログでは、O2OとWEBメディアについてご紹介します。
vol.11:WEBメディアという資産とO2Oサービス

高橋が、O2Oアプリの開発に挑戦中!

私は、お店やイベント会場に集客するためのツールとして、
スマートフォンのアプリの開発に挑戦しています。

そして、その販促アプリの中核機能として、
「ビンゴゲーム」を採用しますが、
このゲームの中で、SNSとの連携を実現できないか検討しています。
ビンゴしたタイミングでSNSへの投稿ができたり、
ビンゴしそうなリーチ状態のカードをSNS上の友人と交換できたり、
様々な方法を将来的な案として考えています。

O2Oアプリを中小企業やお店の経営者が、
無料から、集客ツールとして使用できるよう、
カウントダウンというサイトで、クラウドファンデングに挑戦し、
より多くの方の支援を募集しております。

ビンゴでクーポンGET:人とお店を繋げるO2Oアプリ

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、
日本を元気に!東北発の新しい集客ツール