マッキンゼー流文章構成とPREP法による読みやすい文章の書き方

マッキンゼー流文章構成とPREP法による読みやすい文章の書き方 リスキリング
香奈枝
香奈枝

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、その卓越したビジネス戦略とコンサルティングで世界的に知られていますが、彼らの成功の背後には、優れたコミュニケーション技術があります。

特に、文章構成技術は多くのビジネスパーソンにとって参考になるものです。

また、PREP法(Point, Reason, Example, Point)は、簡潔で効果的なコミュニケーションを実現するための方法論の一つです。

本記事では、これら二つの手法を組み合わせ、読みやすく、理解しやすい文章を書くための方法を探求します。

マッキンゼー流文章構成の概要

マッキンゼー流の文章構成法は、明確性と論理性を重視しています。この方法では、最初に主張や結論を提示し、その後でその根拠や支持するデータを提示することで、読者の理解を助けます。

これは「トップダウン」アプローチとも呼ばれ、読者が最も重要な情報から入ることができるように設計されています。

このアプローチのメリットは、読者が文章の目的や方向性をすぐに把握できることです。

特にビジネス文書では、この手法が有効であり、読者の注意を引きつけ、重要なポイントを明確に伝えることができます。

PREP法の基本と応用

PREP法(Point, Reason, Example, Point)

PREP法は、Point(ポイント)、Reason(理由)、Example(例)、Point(再度のポイント)の4つのステップで構成されています。

この方法は、主張を強化し、説得力のあるコミュニケーションを実現するのに役立ちます。

  • Point(ポイント): 最初に主張や結論を提示します。
  • Reason(理由): その主張がなぜ正しいか、その根拠や理由を述べます。
  • Example(例): 具体的な例やデータを用いて、理由を補強します。
  • Point(再度のポイント): 最後に、最初の主張を再度強調します。

この方法は、特に議論やプレゼンテーションで有効であり、聴衆が主張の流れを容易に追うことができます。

マッキンゼー流とPREP法の融合

マッキンゼー流の文章構成法とPREP法を組み合わせることで、より強力で説得力のある文章を作成することが可能です。

この融合は、読者が情報を迅速に処理し、重要なポイントを明確に理解できるようにするためのものです。

・トップダウンアプローチとPREPの組み合わせ: まず、トップダウンアプローチで主要なメッセージや結論を提示します。その後、PREP法を使用して、その結論に至る理由、根拠、例を詳細に説明します。

・読者の理解を深める: この組み合わせにより、読者は最初に結論を把握し、その後でその結論がどのように導き出されたかの詳細を学ぶことができます。これにより、情報がより記憶に残りやすくなります。

具体的な文章作成例

例えば、ビジネスレポートを書く場合、最初にそのレポートの主な結論や提案を提示します(マッキンゼー流)。

その後、なぜその結論や提案が有効であるかを説明し(PREP法のReason)、関連するデータや実例を提供して(PREP法のExample)、最終的に主要なメッセージを再度強調します(PREP法のPoint)。

この方法は、特に情報が多く、複雑な内容を伝える必要がある場合に効果的です。読者は、文章の最初に「何」を知り、その後で「なぜ」と「どのように」を理解することができます。

まとめ

マッキンゼー流の文章構成法とPREP法を組み合わせることで、読みやすく、理解しやすい、そして説得力のある文章を書くことができます。

この組み合わせにより、ビジネスコミュニケーションはもちろん、あらゆる形式の文章で、情報を効果的に伝えることが可能になります。

読者の注意を引きつけ、彼らの理解を深めるために、これらのテクニックを積極的に活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました