【お問い合わせフォーム】Contact Form 7 以外のWordPressプラグインが必要な時

Contact Form 7

WordPress(ワードプレス)を活用し、Webサイトを構築してお問い合わせフォームを追加したいと考えた場合、プラグインで実装する方法が考えられます。

その時、多くの人の頭に浮かぶのは、Contact Form 7 ではないでしょうか?

Contact Form 7 は、お問い合わせフォームを作る上で、非常に優れたWordPressプラグインの1つで、多くのユーザーが日本語での解説ページを公開しています。しかし、場合によっては、このプラグインを使用できない・機能しない状況もあり得ます。

そんな時、代替案として他のWordPressプラグインは検討できないでしょうか?

Contact Form 7 が利用できない状況で導入を検討したいWordPressプラグイン

Contact Form 7が利用できない状況で導入を検討したいWordPressプラグイン

Contact Form 7 が、お問い合わせフォームを設置する上で、非常に優れたWordPressプラグインであるために、あまり他のプラグインは取り上げられていないように思いますが、あらゆるケースを想定し、代替案は常に持っておきたいものです。

実際、私もあるWebサイトで、Contact Form 7 が機能しなくなったことがあります。そして、その原因を突き止めても、クライアントの要望により、その問題を解決できない(それに関わる変更が許可されない)ため、代替案を提示する必要がありました。

では、Contact Form 7 が使えない状況で、みなさんならどんな代替案を考えますか?

そこで今回は、Contact Form 7 が利用できない状況で導入を検討したい、WordPressプラグインを2個ご紹介します。

□高機能フォームプラグイン:Fast Secure Contact Form
□総合パッケージプラグイン:JetPack(Contact Form)

それでは、個々についてご紹介します。

高機能フォームプラグイン:Fast Secure Contact Form

Fast Secure Contact Form

Fast Secure Contact Form
WordPressの公式プラグインページで、のべ480万回以上ダウンロードされ、ユーザー評価も5点中4.5点を得ている高機能ファーム設置用プラグインです。このプラグインを使用すれば、企業が考えるほとんどの要望をクリアできるはずです。

Fast Secure Contact Form 管理画面

メニューは英語表記されていますが、入力フィールドの中身や重要な部分に関しては、日本語で表記されていますので、問題無く使用できると思います。入力フィールドの項目の順番もマウスで簡単に変更でき、CSSを設定することで、フォームの外観を変更することもできます。また、CAPTCHAによってスパムメールを防止することも可能です。

実際の設置に関しては、Contact Form 7 と同じような方法で、[si-contact-form form=’1′] のようなコードを固定ページ・投稿記事・ウィジェットに追加するだけで簡単に行えます。

総合パッケージプラグイン:JetPack(Contact Form)

JetPack

JetPack
JetPackは、以前ブログでご紹介したことがありますが、wordpress.comを運営しているautomattic社が公開しているWordPressプラグインで、様々な機能を搭載した非常に便利なパッケージです。豊富なメニューの中から、必要な機能を選択し、使用することができます。

この中にある、「コンタクトフォーム(Contact Form)」という機能を有効化すると、ページにお問い合わせフォームを挿入することが可能になります。

JetPack(Contact Form)管理画面

有効化すると、自動的に固定ページと記事投稿ページに「お問い合わせフォームを追加」というボタンが表示されます。

JetPack(Contact Form)お問い合わせフォーム追加

「お問い合わせフォームを追加」をクリックすると、追加するフォームの内容を設定することができます。表示する項目も順番はマウスで簡単に変更でき、必須項目かどうかもチェックボックスを選択するだけで設定できます。

コンタクトフォームはそれぞれ、必要に応じてカスタマイズできます。ユーザーがフォームを送信すると、フィードバックがスパムでないことを確認するため Akismet が有効化されている場合、フィルターが適用されます。スパムチェックを通過した内容はメール送信されると同時に、WordPressの管理画面の「フィードバック」にも保存されます。

簡単なお問い合わせフォームであれば、こちらで十分です。ただ、デフォルトでは、送信完了後にサンクスページへ遷移することが無いために、Google Analytics や Adwords のコンバージョントラッキングができません。現時点でこれを実現するには、PHPファイルのカスタマイズが必要になります。

□企業のWeb担当者にはこちらの過去記事もオススメ↓↓
【まとめ】WordPressで企業サイトを制作するなら入れておきたい便利なプラグイン12選

最後に:Webサイト運営における代替案の必要性

状況に応じて、その時に実現できる「ベストな選択」は変わる可能性があります。

様々な候補を挙げ、その中から3つほどに候補を絞り込み、最終的にベストな選択を行うことを習慣化すると、臨機応変に最適な決断をすることができます。

そのためには、日々、様々な知識をインプットし、自分の中の選択肢を増やしていくことが重要です。ユーザーにとって価値の高い提案を行い続けるためには、日々の研究と改善が求められます。

WordPressプラグインをシェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく