WordPress高速化[2] 表示スピードをアップさせるプラグイン5選+TIPS

WordPress高速化[2] 表示スピードをアップさせるプラグイン5選+TIPS

「WordPressでWebサイトを構築したけど、遅い!」
「表示スピードが遅いため、離脱率が高くなっているかもしれない。」

Webサイトにおいて、「表示スピードが遅い」というのは、致命的なマイナス要因になりかねません。1秒あるいは0.1秒のロスで、「見てくれるのか、離脱されるのか」というユーザーのアクションは変わってしまいます。

前回の「遅い原因のWordPressプラグインを探す方法」に続き、今回は、WordPress(ワードプレス)で制作したWebサイトの表示スピードをアップさせるプラグインをまとめてご紹介します。

キャッシュ・DB・画像を最適化!表示スピードをアップさせるWordPressプラグイン

キャッシュ・DB・画像を最適化!表示スピードをアップさせるWordPressプラグイン

本ブログでは、WordPress(ワードプレス)で制作した、遅いWebサイトの表示速度をアップさせるために、「キャッシュ・データベース・画像」の3つの側面から、プラグインとTIPSをご紹介します。

□キャッシュを効果的に使うWordPressプラグイン2選
□データベースを最適化するWordPressプラグイン2選
□画像を自動的に最適化するWordPressプラグイン+TIPS

それでは、個々についてご説明します。

キャッシュを効果的に使うプラグイン:W3 Total Cache・WP Super Cache

まず、WordPress(ワードプレス)で構築したWebサイトの場合、基本的にデータベースとPHPの連携によって「動的なページ」が生成され、ユーザーはそれを見ることになります。それに対して、従来の静的なHTMLページの場合、原則的にそのファイル自体と付随するファイル、つまり既に生成されたものをユーザーは見ることになります。

WordPress(ワードプレス)のように、その都度、データベースを読み込み、データを取り出してページを生成するという作業を行うと、その分、ページが表示されるまでに時間が掛かってしまいます。この部分において、その都度、データベースへ読み込みに行かなくても良いように、データを一時的に保存する方法がキャッシングです。

ここでご紹介するプラグインは、キャッシュを効果的に使う2つのプラグインです。他のプラグインやサーバーとの相性もありますので、良い方を1つ入れてみて下さい。「W3 Total Cache」の方が、高機能で評価も高いですが、難しい場合は、「WP Super Cache」を試してみて下さい。

W3 Total Cache

W3 Total Cache
高機能で評価も高い、キャッシュを効果的に使うためのWordPress(ワードプレス)プラグインです。

WP Super Cache

WP Super Cache
キャッシュを効果的に使うためのWordPress(ワードプレス)プラグインです。「W3 Total Cache」が難しいならこちら。

データベースを最適化するWordPressプラグイン2選

次に、表示速度を改善する方法として、データベースの最適化が挙げられます。キャッシュのデータは一時的なものですので、読み込みが必要になった際に、WordPress(ワードプレス)と連携しているデータベース自体を最適化しておくことで、表示速度を改善できます。

ここでご紹介するプラグインは、データベースを最適化する2つのプラグインです。キャッシュ同様に、他のプラグインやサーバーとの相性もありますので、良い方を1つ入れてみて下さい。「WP-Optimize」の方が、高機能で評価も高いですが、難しい場合は、「WP-DBManager」を試してみて下さい。

WP-Optimize

WP-Optimize
高機能で評価も高い、データベースを最適化するためのWordPress(ワードプレス)プラグインです。

WP-DBManager

WP-DBManager
データベースを最適化するためのWordPress(ワードプレス)プラグインです。「WP-DBManager」が難しいならこちら。

画像を自動的に最適化するWordPressプラグイン+TIPS

3つ目として、WordPress(ワードプレス)に限らず、Webサイト全般の表示速度に影響する要因として、画像の大きさ・重さが挙げられます。当然ながら、表示スピードを改善するためには、必要以上に大きな画像がユーザーによって読み込まれることを避けなければいけません。

WordPress(ワードプレス)には、管理画面から画像をアップロードした場合に、自動的に画像を最適化してくれるプラグインがあります。画像を最適化し、軽量化することで、表示速度を改善できます。加えて、TIPSとして、サーバーにアップする前段階で、画像を軽量化するサービスも併せてご紹介します。

WP Smush.it

WP Smush.it
画像を自動的に最適化するためのWordPress(ワードプレス)プラグインです。

■TIPS:無料の画像最適化・軽量化サービス

JPEGmini
JPEG画像を最適化・軽量化してくれます。

Tiny PNG
PNG画像を最適化・軽量化してくれます。

□この過去記事を読むと更に効果的↓↓
WordPress高速化[1] 遅い原因のプラグインを探す3つの方法

最後に:遅いWebサイトに、ユーザーは我慢できない。

みなさんもWebサイトを見ていて、サイトの表示速度が遅く、我慢できずに別のページへ移動した経験は無いでしょうか?

折角、Webサイトへターゲット(見込み客)が来てくれたのに、ターゲットが何かを得る前にサイトから離脱されてしまったら、Webサイトを公開している意味がありません。それは、運営者側の怠慢です。

企業がWebサイトを構築する際は、どんな時でも、ユーザー・ターゲットを最優先で考え、おもてなしの心を持って、ユーザーにとって価値の高い、使い易いWebサイトにしましょう。

□この過去記事もオススメ↓↓
WordPressテーマ・テンプレートカスタマイズの基礎が学べる記事5選

感謝 -greatly appreciated-
参考記事:
15 Easy Ways To Speed Up WordPress: Why Slow Page Load Equals Slow Blog Growth
5 Quick Ways to Speed Up Your WordPress Site – WPMU DEV