WordPress高速化[3] JetpackのCDNサービスで表示スピードアップ「Photon」

NCDN - CDN

今回のテーマは、WordPress(ワードプレス)で構築したWebサイトを高速化する、CDNサービスの活用法についてです。

“CDNはContent Delivery Network(コンテンツ配信ネットワーク)の略。インターネット上にキャッシュサーバーを分散配置し、エンドユーザーに最も近い経路にあるキャッシュサーバーから画像や動画などのWebコンテンツを、オリジナルのWebサーバーに代わって配信する仕組みを意味する。”[1]

WordPressプラグイン「JetPack」のCDNサービス「Photon」で表示速度アップできるかやってみた

WordPressプラグイン「JetPack」のCDNサービス「Photon」で表示速度アップできるかやってみた

CDNサービスで、WordPressを高速化したいと考え、調べていました。色々海外の記事を読む中で、「CloudFlare」を知ったのですが、最初から有料で使うのも少しためらわれました。かといって、CDNサービスの性質上、最悪の場合、Webサイトが表示されなくなってしまうので、無料版は少し不安。

そんな時、Enjilogさんの「CloudFlareよサヨナラ! WordPressの表示速度が改善するプラグイン「Photon」」という記事を読みました。本当に感謝です。早速、自分も実践してみました。

□WordPressプラグイン「JetPack」とは?
□初めてのCDNサービス
□CDNサービス「Photon」の使い方
□実際に速度分析ツールで表示スピードを測定してみた

WordPressプラグイン「JetPack」とは?

WordPressプラグイン「JetPack」とは?

“JetPackは、wordpress.comを運営しているautomattic社のプラグインなのでとても安心。で、その「Photon」はwordpress.comを利用したCloudFlareと同じCDNサービスなんですね。” [2]

以前から、JetPackは利用していましたが、この紹介を見て、更に安心しました。インストールしたツールは、きちんと活用しないとダメですね。インストールした時は、CDNサービスとは別の理由でインストールしたので、活用していませんでした。尚、「JetPack」を使用するには「wordpress.com」のアカウントが必要になります。

初めてのCDNサービス

冒頭でご紹介した通り、CDNサービス(CDN:コンテンツ・デリバリー・ネットワークの略)では、インターネット上の複数のサーバーでキャッシュを分散配置することで、ユーザーがページにアクセスした際、画像や動画などのコンテンツの配信を最も近いキャッシュサーバーが行ってくれます。

thumbnail

結果、「Photon」を導入した後は、画像の参照URLが変わります。ドメインの前に「i1.wp.com」のようなものが追加されます。尚、この処理は、WordPressの管理画面からアップロードした画像に限られます。サイトを構築する際、FTPでアップロードしたものなどは、対象外になるようです。

これによって、アクセスの負荷が分散・軽減され、サイト表示スピードの高速化に繋げることが可能になります。ただし、「CloudFlare」のように、ネームサーバを変更するタイプのサービスの場合、サービス提供側に不具合が発生すると、ユーザーがアクセスした際、何も表示されないという最悪の事態を招くので注意が必要です。

CDNサービス「Photon」の使い方

1:WordPressプラグイン「Jetpack」をインストールし有効化します。

CDNサービス「Photon」の使い方

2:WordPressの管理画面で、「Jetpack」を開き、WordPress.com と連携します。

3:「Jetpack」の「設定」を開き、「Photon」を有効化します。

実際に速度分析ツールで表示スピードを測定してみた

実際に速度分析ツールで表示スピードを測定してみた

インストール後、以下のツールを活用し、表示スピードを測定してみました。
※対象ページ:画像の多いページ「【SEO対策まとめ】本気でWeb制作を考えるなら必読のブログ8選

Google PageSpeed Insights
61 / 100 → 68 / 100 に改善

Web担当者ページ速度分析ツール
5.53秒 → 3.4秒 に改善

GTmetrix
■Page Speed Grade:
 B(87%) → A(92%) に改善
■YSlow Grade:変わらず

私の場合、引き継ぎ、対策が必要ですが、表示スピードが改善されました。
Enjilogさんに心から感謝。

□この過去記事を読むと更に効果的↓↓
WordPress高速化[1] 遅い原因のプラグインを探す3つの方法

WordPress高速化[2] 表示スピードをアップさせるプラグイン5選+TIPS

最後に:成功は、0.1%の積み重ね。

0.1秒の違いが、命運を分けることもあります。
0.1%の改善が、成功への確かな道を作っていきます。

毎日、ただひたすら、ユーザーのために、顧客のために改善していきましょう。

□この過去記事もオススメ↓↓
WordPressテーマ・テンプレートカスタマイズの基礎が学べる記事5選

感謝
参考記事:
CloudFlareよサヨナラ! WordPressの表示速度が改善するプラグイン「Photon」

引用[1]:
CDNサービス | IT用語辞典 | 大塚商会

引用[2]:
CloudFlareよサヨナラ! WordPressの表示速度が改善するプラグイン「Photon」