ユーザーに配慮したページにするためのWordPressプラグインまとめ

Streak - Responsive WordPress Theme - Tablet 2Streak – Responsive WordPress Theme – Tablet 2 / ZERGE_VIOLATOR

WordPressはテーマを入れ替えることで簡単に見た目を変更できる他、場合によっては
劇的にユーザビリティを向上させることが出来ます。

しかしPCで閲覧する分には良いですが、スマホやタブレットでページを閲覧した時
重かったり、表示が崩れてしまう事も少なくありません。

そんな時にはスマホ対応テーマを導入したり、プラグインでやりくりする必要があります。
今回はユーザー配慮したページにするために是非とも導入したいプラグインをご紹介します。

ユーザビリティを向上させるWordpressプラグイン

Wordpress Plugin for iPhone/iPod touchWordPress Plugin for iPhone/iPod touch / purplelime

WPtouch
Wordpressを手軽にスマートフォン対応にすることが出来るプラグインです。
シンプルでクールなデザインが目を惹きます。

デザイン変更も簡単で、設定変更も管理画面からすぐ出来るのが魅力。
スマホ用のテーマを作るのが面倒な時はこれ1つで十分でしょう。

WordPress Popular Posts
色々なブログで見かけることの有る人気記事。
Wordpressで人気記事の表示をするためのプラグインです。

ユーザーに人気のある記事を知らせることが出来る他、自分でもどんな記事が人気なのかを
把握することで今後執筆の際の参考にすることが出来ます。

・Similar Posts

Similar Posts

・Post-Plugin Library(上記を有効化するために必要)
http://wordpress.org/plugins/post-plugin-library/

こちらは関連記事を表示するためのプラグイン。
過去に投稿された記事の中から関連する記事を自動で拾いリスト化してくれます。

優れ物ですが、利用するためには別途「Post-Plugin Library」というプラグインが必要です。
Post-Plugin Libraryは他にもいくつかのプラグインを利用する際必要となりますので、
ダウンロードして導入しておきましょう。

・WP Social Bookmarking Light
http://wordpress.org/plugins/wp-social-bookmarking-light/

WordPressでTwitterやFacebook、del.ci.ousなどSBMの追加ボタンを表示するプラグイン。
記事の下部に表示して記事をお気に入り登録してもらったり、いいね!してもらう時に必須となります。
追加できるボタンもかなり多く、ほぼ必須といえるプラグインです。

・W3 Total Cache
http://wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

WordPress内の記事をキャッシュ化して表示速度を劇的に向上させるプラグインです。
このプラグインの有無で表示速度が変わる他、ユーザーがストレスを感じるか否かにも関わってきます。

記事数が少ない内はあまり恩恵を感じられませんが、記事が増えていけばいくほど
このプラグインの恩恵を感じる事が出来ると思います。

・Lightbox Plus ColorBox
http://wordpress.org/plugins/lightbox-plus/

ふわっと画像を表示し、見た目も華やかで導入しているブログも多いLightbox。
こちらはLightboxをWordpressでも簡単に使えるようになるプラグイン。
設定からスタイルを変更することも可能なため、好みに合わせた表示方法にすることができます。

これらのプラグインを導入してちょっとした配慮や見た目の変更をすることで、徐々に
ユーザーが増えブログへのアクセスも増えてくることでしょう。
まだ導入していないプラグインが有ったら是非導入をおすすめします。