新卒でも分かる!売上アップに繋げるWEB制作に必要な進行管理の基礎まとめ「5つのステップ」vol.5

新卒でも分かる!売上アップに繋げるWEB制作に必要な進行管理の基礎まとめ「5つのステップ」vol.5

お客様の売上アップのために、
WEB制作会社の営業・ディレクターは何をすべきか?

編集長の高橋です。

4月に入り、新しい社員を迎えられた企業も多いと思います。

前回のブログから連載で、私自身の経験から、
新入社員さんの指導にも使える、
「WEB制作に必要な進行管理の基礎」についてご紹介しています。

WEB制作に必要な進行管理の基礎:5つのステップ

 1. お客様窓口の役割・立場を理解し、全力で動く
 2. お客様の目的とゴールを明確にし、情報を設計する
 3. お客様のターゲットを明確にし、デザインの方向性を決める
 4. お客様の強みを明確にし、売上アップに繋がる画面構成を徹底的に詰める
 5. お客様と最終確認を行い、デザイナーに共有する

今回のブログでは、
前回の「お客様の強みを明確にし、売上アップに繋がる画面構成を徹底的に詰める」に続き、
「5. お客様と最終確認を行い、デザイナーに共有する」についてお伝えします。

5. お客様と最終確認を行い、デザイナーに共有する

進行管理を考える上で、次に行うべきは、

 「お客様と徹底的に情報と構成を詰め
  決定した内容をきちんとFIXさせる」

ことです。
そこで今回は、その「3つのポイント」を考えていきます。

Point1:情報要素が変わるとデザインがブレる

デザイナーは、情報要素を基に、
WEBサイト全体のデザインを行います。

もし、情報要素がズレると、
デザインを再度、根底から見直すことが必要になる場合があります。

この作業が発生すると、デザイナーは、人間ですから、
精神的な影響を及ぼし、デザイナーの意識を低下させ、
デザインの品質にも多少なりとも影響を及ぼしかねません。

WEB制作は、携わる全ての人の共同作業です。
より良いモノを作るためには、より良い環境を構築する必要があります。

Point2:情報要素が漏れると情報設計がブレる

情報要素が漏れたまま、デザイナーに伝わると、
WEBサイトのデザインは間違った方向へ進んでしまいます。

間違った方向で進んだ場合、
お客様は当然満足できず、信頼を失うと共に、
Point1同様のやり直し作業が発生し、
成果品の品質にも影響を及ぼしかねません。

WEB制作におけるお客様窓口の役割

お客様から徹底的にヒアリングし、
漏れ無く情報をデザイナーに共有することで、
WEBサイト全体をより効果的なものにできます。

Point3:作業が増えるとがスケジュールがブレる

当然のことですが、Point1・2のように、
やり直しになり作業が増えると、
必然的に、当初の予定から日程が遅れます。

クライアントと協議しながら、
日程を調整できれば、まだ良いですが、
それすらできない場合、何かが問題になります。

費用・品質・納期の内、必ずどこかが、
お客様の満足できないものとなり、お客様からの信頼を失うでしょう。

このような最悪の状況を避けるためには、
今までまとめてきた情報要素を徹底的に事前に詰め、
しっかりとデザイナーと共有することが重要です。

それが、売上アップを実現するWEB制作において、
お客様窓口が担う、非常な重要な仕事と言えます。

最後に

お客様窓口が行うべきは、

 「お客様と徹底的に情報と構成を詰め
  決定した内容をきちんとFIXさせる」

ことです。

情報要素を徹底的に詰めてFIXさせ、
漏れ無くデザイナーに共有することで、
デザイナーはベストなデザインを提案することができます。

次回のブログでは、今までまとめた理解・共有すべき情報についての
チェックリストをご紹介します。

今回のブログが、新入社員の方々や
販促・プロモーションに関わる方々のお役に立てれば幸いです。

もし宜しければ、みなさんが過去に経験したWEB制作に関するトラブルを
販促まとめFacebookページのコメントで是非共有して下さい!
ブログを通じて、一緒に解決していきたいと思います。