WEB集客をアップさせるために考えるべき5つの流入と改善方法

WEB集客をアップさせるために考えるべき5つの流入改善方法

PVアップのために何をしたら良いのか?
現状のWEB集客を分析し、1つずつ改善していく方法

企業のWEBサイトを構築し、お問い合わせを獲得するためにも、
ECサイトを構築し、ご注文を獲得するためにも、
ブログを公開し、より多くのファンを獲得するためにも、
まずは、PV(ページビュー)をアップさせる必要がある。

どんなに良い内容・情報でも、より多くの人に読んで貰えなければ、
ただそこに存在しているだけでは、成果に繋がらない。

今回のブログでは、どのようにしてPVをアップさせるかについてお話をしたい。

WEB集客をアップさせるために考えるべき5つの流入

WEBサイトにユーザーが訪れる流入元(参照元)を大きく分類すると、
「検索エンジン・SNS・外部メディア・広告・直リンク」の5つが挙げられる。

1 検索エンジン

GoogleやYahoo!などの検索エンジンからの流入は、
WEB集客を考える上で、無視できない大きな存在である。

この検索エンジンからの流入は、広告を除くと、
「ビックワードSEO」での流入と「ロングテールSEO」での流入の2つに分類できる。

例えば、ユーザー検索数が多く、検索するユーザーのパイが多い「販促」などの
キーワードを狙っていくのが、ビックワードSEOとなり、
単体のユーザー検索数はそれほど多くないが、検索するユーザーがよい具体的に、
複数のキーワードで検索する「EC 無料 CMS まとめ」などを狙っていくのが、
ロングテールSEOとなる。

特に、検索エンジンによる良質なWEBサイトへの評価が厳しくなった今、
短期的に、ビックワードで検索上位を狙いにいくのは無理が生じる可能性が高く、
ロングテールSEOを意識しながら、WEBサイトの価値を高めていくのが理想と考える。

2 SNS

TwitterやFacebook、あるいは、はてなブックマークなどサービスによって、
情報が拡散することで、多くのユーザーからアクセスを獲得できる。

これを実現するためには、1ページ内の情報の「質と量」が非常に重要になる。
情報を見たユーザーが、他の人にもシェアしたいと思える情報の質と、
一度には情報を全て捉えきれない、もしくは、何度も読み返す可能性がある
情報の量が必要になってくる。

ただし、この質と量の両方を同時に改善していくのはなかなか難しい。
そんな時は、まず質を改善することをオススメしたい。
文量が無くても、ユーザーにとって価値の高い情報を書く。
そして、記事がある程度溜ってきたら、同じカテゴリや同じ成果目標ごとに
「まとめ記事」を書くという方法がある。

各記事の質が高ければ、必然的にそのまとめ記事は、
質が高く、何度もチェックしたい、シェアに値する記事になるはずである。

3 外部メディア

自分が書いている記事と関連する既存の情報メディアや
他の人が運営するブログなどの外部メディアからの流入も考えられる。

これは、原則的に上述の1番と2番の流入が増えてくると、
自然発生的に起こることで、PVが多い情報メディアやブログに取り上げられると、
自分が運営するメディアにユーザーが流れ込み、爆発的なPVに繋がることがある。

また、仮に爆発的なPVアップに繋がらなくても、
外部メディアから記事を紹介されることは、自分の記事の質が、
他者からどのように評価されているか判断する上で、
非常に有効的な指標になるだろう。

可能であれば、紹介してくれたメディア運営者とコンタクトを取り、
交流を深めることで、お互いにとって良い関係を構築できれば最高である。

尚、有料の外部リンクをここでは外部メディア流入に含めない。
あくまで、自然発生的な外部リンクのみを考えて頂きたい。

4 広告

WEBサイト公開直後は、Google AdwordsやYahoo!リスティング、
情報メディアへのバナー広告出稿、読者を多く持つメルマガへの広告出稿、
TwitterやFacebookと連動した広告出稿など、
様々な広告を使って、WEB集客を行う方法が考えられる。

広告を活用する場合は、それ相応の費用とリスクが発生するので、
事前の市場調査、テストマーケティングを行った上で、
PDCAを繰り返しながら、短期的にも中長期的にも
費用対効果を見直し、改善を行っていく必要がある。

設定や改善施策を疎かにすると、気付いた時には、
莫大なお金が無駄に流出してしまうことになるので注意して頂きたい。

5 直リンク

ユーザーが直接URLを入力したり、URLリンクをクリックすることで
生まれるアクセスを指し、具体的には、雑誌・新聞などの紙媒体からの流入、
名刺・パンフレット・チラシ・DMなどの印刷販促物からの流入、
Eメール内に記載されたURLをクリックして生まれる流入などが挙げられる。

これらは、他媒体を見ている最中にわざわざWEBサイトへアクセスして貰うため、
今までご紹介した他の流入元よりも、ハードルが高い。
Eメールについては、署名を作成するだけなので、すぐ行って頂きたいが、
他の印刷物に関しては、随時PDCAを行いながら、改善を行って頂きたい。

最後に

私は、自分でも自社メディアを複数運営しており、
いかにWEB集客を実現するかということの改善を求められている。

その中で得たノウハウを今回のようにブログで公開したり、
セミナーを行ってより多くの方にお伝えしたり、
クライアントのWEBサイト構築をさせて頂く際に応用したりして、
企業の売上アップに貢献できるよう、日々情報を発信している。

WEB集客の第1歩は、そのように、
自分が誰のために情報を配信するのか、その人たちは何に困っているのか考え、
自分のゴールとKPIをきちんと設定することである。
それによって、問題点と改善方法がより明確になり、目標を達成できるのである。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方、
メディア運営者の方にとって、少しでも参考になれば幸いである。