整骨院・治療院のWeb活用、顧客の悩みを突き詰める

整骨院・治療院のWeb活用、顧客の悩みを突き詰める

首・肩・腰・膝が痛い。どこまで掘り下げ、Webで伝えていますか?

整骨院・治療院へ来院される方の悩みは様々です。仮に、「首・肩・腰・膝が痛い方」の集客を考えたとします。しかし、それだけの情報では、どの整骨院・治療院に行っても同じ、あるいは、どこに行けば良いか分からないと思いませんか?

ここで大切なのは、顧客の立場で考えることです。

顧客の症状と悩みの深掘り。誰に価値を提供できる?

顧客の症状と悩みを深掘り、誰に価値を提供できる?

例えば、あなたの顧客が「膝が痛い」ということで悩んでいたとします。

一言で痛いと言っても、「痛み」と「状況」は様々だと思います。

□誰が(ターゲット像)
□何が原因となり
□いつ
□どこで
□誰のために
□何をする時に
□どのぐらいの頻度で
□どのように痛みを感じ
□何で困っているか

あなたの顧客に対して、このような項目を基に
ヒアリングした「リスト」を作成していますか?
そして、それをWebサイトで伝えていますか?

顧客を徹底的に理解し、同じ状況の見込み客に伝える

誰に何を伝えるべきかを知るために、顧客を理解する。

新規開拓を考えた時は、顧客の情報を整理し、見込み客に何を伝えるべきかを深掘りしましょう。

□ターゲット像:ペルソナイメージ
□ターゲットの現状:症状・環境
□ターゲットの悩み:原因・解決したいこと
□ターゲットの未来:解決した後に得る喜び・幸せ

まずは、既に価値を提供し、幸せを生み出している対象である顧客を知り、情報を整理することから始めましょう。

それができれば、同じような悩みを抱える見込み客に対して、しっかりと自社の価値を伝えることができます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
ターゲットに突き刺す、7つのWebチェックリスト

最後に:あなたの事は、あなたよりも顧客が知っている

あなたの強みを知る上で、最も正確で、効率的な方法は、あなたの顧客に聞くことです。

人は、自分自身を誤解する可能性があります。しかし、あなたからサービスを提供されて幸福を得た顧客は、あなたの何に惹かれて、あなたのどんなサービスによって価値を享受し、どんな幸福を手に入れたのか知っています。

あなたが選ばれる理由が明確になれば、Web活用がより大きな成果へと繫がります。共に、顧客を幸福にするサービスを、より多くの人に提供していきましょう。

著者:高橋慶彦(ブログ運営責任者)

整骨院・治療院のWeb活用の
ポイントをシェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく