ブランド価値を高めるWeb活用、企業文化を伝える

ブランド価値を高めるWeb活用、企業文化を伝える

あなたの会社の「企業文化」の重要性を理解していますか?

昨日、ある大手企業様の新規事業についてご相談を頂き、選ばれる理由・強みの掘り下げを一緒に行いました。その中の1つとして、会社の中いる社員の方が、なかなか気付かない「企業文化」について考えてみます。

顧客に対する姿勢は、強みになる

顧客に対する姿勢は、強みになる

理念・ビジョン・ミッションを掲げ、経営者の想いや考え方をしっかりと伝え続けると、それに共感した社員の集合体として企業の組織が形成されていきます。

「何を価値が高いと考え、そして、その実現のために何をすべきか。」

これをしっかりと伝えて実践を続けると、それが企業全体に浸透し、企業文化が形成されていきます。しかし、場合によっては、社員にとって、それ自体が当たり前になり過ぎて、事業展開する上で、それが強みであることを認識できていない場合があります。

あなたの会社の中で当たり前のことが、競合他社と比較した際に、圧倒的に「選ばれる理由」である可能性もあるのです。

あなたの会社の企業文化は、素晴らしい。

顧客のために本気になるのは、当然か?

今回ご相談頂いた企業は、クライアントの売上アップのために、独自のマーケティングサポートを行われています。

そして、そのサービスに対して、社員が一丸となって取り組まれています。社内に対して行った意識調査の中には、「クライアントの売上アップに貢献できるから嬉しい。」や「仕事だから、当然。」などの意見がありました。

前者も非常に素晴らしい意見ですが、ここで注目したいのは、後者の「仕事だから、当然。」という意見です。

社員の方々が協力されている内容をお聞きすると、その質はかなり高いものであり、適当に「やっつけ仕事」のようなレベルでは決してありませんでした。その内容は、本気でお客様のために、顧客視点で考えられたものです。

ここから更に意識調査の深掘りが求められますが、1つの仮説として、「顧客のために本気になるのは、当然。」という企業文化があり、それに則って、社員全員が行動しているという可能性があります。

企業文化をしっかりと顧客に伝える

情緒的価値で、選ばれる存在になる。

もし、その仮説が正しいのであれば、これは企業にとって非常に大きな強みとなり得ます。なぜなら、それを実現できていない企業が非常に多いからです。

更に言えば、そのような社員のマインドから生まれる協力によって、クライアントの売上アップに貢献できているのであれば、機能的な価値だけではなく、情緒的な価値の向上にも繫がります。

Web活用する上で、機能的価値を伝えることも大切ですが、コーポレートサイトやブランドサイトの中で、企業文化とそれに基づく行動によって、クライアントに対し、具体的にどのような成果を生み出しているかをきちんと伝えることができれば、圧倒的に「選ばれる存在」になることへ繫がります。

□企業文化
□社員の顔と声
□具体的な取り組み
□成果としての数的根拠

これらを明確に示すことで、Webサイトは、企業のブランディングに大きく貢献できます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
営業力をSEO対策へ繋げる、ブログ構築の3ステップ

最後に:見落としている、企業の強み

「当たり前だと思っていること」
「何となく評価を受けていること」

このような部分に、企業が見落としている「重要なこと」が、隠れているかもしれません。

このようなことのリストを作り、1つずつ丁寧に「なぜ?」を突き詰め、深掘りしていくことで、本質が見えてきます。

また、顧客に対して、「なぜ?」を投げかけることも大切です。本当にあなたのサービスに満足されている顧客なら、喜んで協力してくれるはずです。

企業の強み、他社ではなく自社が選ばれている理由を明確にしましょう。その後、その価値を最も提供できるターゲットに対し、Webを活用して伝えましょう。そうすることで、更なる成果に繋げることができます。

著者:高橋慶彦(ブログ運営責任者)

企業のWeb活用の
ポイントをシェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく