Webディレクター要注目の役立つツールやサービス厳選5つ

Web analytics frameworkWeb analytics framework / Beantin webbkommunikation

Webディレクターは企画書の作成や制作など、毎日やることがたくさんあると思います。
クライアントとの打ち合わせ通り、納期までに仕上げなければならない、でも時間が無い…。

少しでも時間を節約してタスクの効率化を図りたいという時、便利なサービスを幾つか厳選してみました。

Webディレクターなら是非使うべき便利なツールとサービス

Cacoo

image1

オンライン上で企画書やフローチャート、サイトマップなどを作成することが出来るサービスです。
無料で利用出来る上機能がとても高機能で、グループウェアに対応しているため、
複数人で同じファイルを同時編集が可能になっています。

操作も簡単で様々な部品をドラッグ&ドロップで配置するだけでOK。
ドローツールを使う感覚で利用可能です。

ChartTool

image3
こちらは高機能がウリのチャート作成ツールです。
しかし一番の強みは登録不要ですぐ使えるという点にあります。

サイトにグラフを挿入する際や、会議のプレゼン資料で利用するグラフを作る時、
こちらのサイトを使ってみてはいかがですか?

デザインクオリティも高く、JPEGなど複数のファイル形式に対応しています。

Check*Pad

image2

非常にシンプルなTodoサービスです。
動作が軽快で非常にシンプルなUIのため、登録後すぐに使うことが出来ます。
タスクの進行状況を管理する際に利用してみてはいかがでしょうか。

Googleカレンダー

皆さんお馴染みのGoogleのカレンダーサービスです。
Googleだからと軽視されがちですが、非常に高機能で、タスク管理はこれだけで十分といっても良いほど。
スケジュールや予定の管理はGoogleカレンダーが最も利用しやすいと思います。

Zoho Show

オンライン上でプレゼン資料を簡単に作成できるサービスです。
会議用のプレゼン資料やクライアントへ渡す書類など、多用途に向いています。

また、テンプレートが豊富なので一から作成する手間が省けるのも魅力でしょうか。
どれもクールでシンプルなテンプレートを選択可能です。

まとめ

企画書作成やチャート、タスク管理などを効率的に行えるサービスを5つ取り挙げてみました。
最も時間がかかる工程、これらを上手く駆使して効率化に役立ててみて下さい。