今更聞けない?W3Cって一体何をしているの?

w3c-logo-slantedw3c-logo-slanted / 漂泊的鱼

私達がWebを作成する時には必ずHTMLやCSSを使いますよね。
普段当たり前のように使いこなしていても、新しい規格が作られたり新し技術が登場したりしています。

現在ではHTML5やCSS3が最新版で徐々に普及し始めていますが、これらの規格は
W3Cという団体が策定し、世界へ向けて発信しています。
W3Cという名前だけは聞いたことがある人も多いかもしれません。

ではこのW3C、一体どんな団体なんでしょうか?

誰もが同じようにウェブを楽しめる背景にはW3Cがある

W3Cは1994年に大学や研究所、個人が集まって立ち上げられた団体です。
WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)の発展とそれらの技術や規格を標準化するために組織されました。

丁度時代はインターネット黎明期。インターネットエクスプローラーやネットスケープなど、
様々なブラウザが出回り始めた時期でもあります。

“標準化”する事はとても大事なことで、W3Cが無ければここまでインターネットが広まることが
無かったと言えるかもしれません。

当時HTMLは既に技術として確立されていましたが、各社が提供しているブラウザは様々な
独自技術を用いてサイトを表示し競い合っていたため、環境によっては表示が崩れたり
そもそも表示されなかったりと様々な弊害が生まれていました。

サイトによってはIE以外お断りといった所もあり誰もが快適にネットサーフィンを楽しめるとは
言い難かったのです。

そんな時代背景もあり、WWWの標準化を進めるためにW3Cが発足しました。

W3CによってHTML4が策定された

まず1997年にW3CによってHTML3.2が策定されました。
そして1997年末、現在でも利用しているサイトの多いHTML4が策定されたのです。

HTML4はいくつかのタグが追加された後もマイナーチェンジが行われ、
私達もお世話になっているXHTMLの元になっています。

また、前年の1996年にはCSS1もW3Cによって勧告され、仕様が公開されました。
CSS1ではデザイン部分を要素としてまとめることでメンテナンス性の向上やサイト制作を
効率化することが出来るようになり、色や文字サイズの他、行間なども設定・変更できるようになりました。

ただ、ブラウザによってはまだ対応していない場合も多く、まだネットもさほど普及していなかったため、
古いブラウザをそのまま使っていたユーザーも少なからず居ました。

そのためCSSが広まるまでには少々時間が必要だったのです。

時代はHTML5とCSS3へ

YouTube HTML5YouTube HTML5 / GuillermoJM

ネットが誰でも手軽に利用できる現在、HTMLのバージョンは5、CSSは3がW3Cにより勧告され
仕様が公開されています。

HTML5では今までFlash等を用いて行われてきた動的なコンテンツをシンプルな記述のみで
出来るようになった他、様々な仕様が追加されています。
今後はウェブにおいてもユーザーのニーズが更に多様化すると考えられており、HTML5は
それに応えるためますます広まっていくと考えられます。

また、CSS3は今までと比べて更に大幅な改定が加えられています。
様々な要素が追加され、角丸を使った見出しやエフェクト、各種アニメーションなどがCSSで
記述できるようになりました。

今後も改定が加えられていくと考えられ、ますますW3Cから目が離せなくなることでしょう。
HTMLやCSSを勉強することも大事ですが、W3Cを知ることでより深い知識を得ることができ、
新しい発見や刺激を受けることが出来るのではないでしょうか?