Web活用の成果は、強み次第。あなたが選ばれる理由

Web活用の成果は、強み次第。競合ではダメな理由

なぜ、お客様はあなたを選ぶのか?

Webを通して、販促に関する様々なご相談を頂きますが、今回は、「成果が出ないWebサイトをどう改善するか」についてお伝えします。

競合と同じでは、選ばれない。

競合と同じでは、選ばれない。

多くのマーケティング担当者やWeb担当者、あるいは、中小企業の経営者が、「効果的なWeb活用」について悩みを抱えています。そのような方々の悩みには、様々なステージが存在しますが、今回の悩みは初期のステージの方が抱えるものです。

「Webサイトからのお問い合せがほとんどありません。
 どう改善すれば良いでしょうか?」

このような場合、大枠として「Web集客」と「コンバージョン率」の2つの観点から考えますが、今回は、コンバージョン率に関わる部分の「選ばれる理由(差別化要因)」についてお伝えします。

お問い合せが来ないのは、普通の会社のWebサイトだから。

大多数の中の1社では、スルーされます。

Webサイトを作る前に、「貴社の強みを教えて下さい。」とWeb制作会社は尋ねると思います。

この時、みなさんは「競合他社ではなく、自社がお客様から選ばれている理由」をきちんと答えられているでしょうか?

もし、あなたの「強み」が、大多数の競合他社が訴求している「強み」と同じ場合、あなたの会社や商品・サービスが、埋もれてしまう可能性があります。もし仮に、同じポイントを訴求する場合は、他社とはどう違うのかを明確に伝える必要があります。

「強み」は、競合他社を圧倒して、お客様から「選ばれる理由」であるべきです。

そして、その強みが、お客様の抱えている顕在的または潜在的な課題・問題を解決できそうだと、お客様から思って貰えた時に、Webサイトからのお問い合せが生まれます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
Webの悩みを解決する5記事まとめ:2014/09上旬

最後に:お客様から選ばれる理由が、あなたの強み。

あなたの現時点での「強み」は、あなたのお客様が知っています。

あなたのお客様が、競合他社ではなく、あなたを選んだのには何か理由があるはずです。そして、選んだ結果、高い顧客満足度を実現できたのならば、お客様の課題・問題を解決できたということになります。

その選ばれた理由を明確にし、利用後の成果・効果を数値化できれば、競合他社に負けない強力な武器になります。

是非、その「強み」を活かし、より多くのお客様を幸福にして下さい。

著者:高橋慶彦(ブログ運営責任者)

Webマーケティングの
ポイントをシェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく