Illustrator(イラストレーター)内に配置した画像を後からまとめて収集する方法

Illustrator(イラストレーター)内に配置した画像を後からまとめて収集する方法

後から画像ファイルを収集する必要が出た?
自動で配置画像をまとめるスクリプト

Illustrator(イラストレーター)で作業をする場合、
画像などの素材ファイルを最初にきちんと準備してから、
AIファイル内で作業をすることが望ましい。

しかし、原稿の再入稿や画像の差し替え等のため、
必ずしもそういうわけにはいかない場合がある。

ただ、最終的に印刷会社へデータを渡す場合や
データを保管する場合、不要なデータを整理し、
必要な素材のみ摘出する必要がある。

そこで今回は、スクリプトを使って、
Illustrator(イラストレーター)データに配置した画像ファイルを
指定したフォルダにまとめる方法をご紹介したい。

イラストレーターの配置画像ファイルを指定したフォルダにまとめる方法

1 作業中のファイルを保存し、そのままファイルを開いた状態にしておく

2 「Collect for Output」をダブルクリックする

 【CS3の場合:スクリプトファイルの場所】
 「アプリケーション」>「Adobe Illustrator」>「Scripting」
  >「Sample Scripts」>「AppleScript」>「Collect for Output」と開き、
 「Collect for Output」をダブルクリックする。
 
 「Press Run to run this script, or Quit to quit.」とダイアログが出るので、
 「Run」をクリックし、フォルダ指定するだけで、自動で配置画像を収集してくれる。
 
 【CS5以降の場合:スクリプトファイルの場所】
 「アプリケーション」>「Adobe Illustrator CS5」>「スクリプティング」
  >「サンプルスクリプト」>「AppleScript」>「出力の修正」と開き、
 「CollectForOutput.scpt」をダブルクリックする。

 「Collect the current illustrator document for output?」と
 ダイアログが出るので、「OK」をクリックし、フォルダ指定するだけで、
 自動で配置画像を収集してくれる。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
イラストレーターのEPS保存時は配置画像に注意

スクリプトで自動処理できるので、非常に便利で、ミス無く効率的に作業できる。
配置画像をまとめる際は、是非ご活用頂きたい。