売れるECサイト制作するために必要な7つの基本事項

売れるECサイト制作の法則と秘訣vol.1「7つの基本事項」

売れるECサイトを作るため、まず何から始める?
最初に考えておくべき7つの基本事項

「売上アップを実現するECサイトの作り方の法則と秘訣」について考え、
本ブログを通じて、より多くの方に共有していければ幸いである。

売れるECサイトを作るために、最初に考えておくべき7つの基本事項

売れるECサイトを作る上で、最初に考えておくべきことはたくさんある。
今回は、その中から7つの基本事項をご紹介したい。

1 なぜ、その商品を売るのか?

現代、様々な商品について言えることだが、
商品に関する技術・ノウハウ・品質は、競合する中で横並びになっているケースが多い。

そのような競合性の高い状況の中で、お客様が多くのECサイトを訪れ、
その中から、1つのECサイトを絞り込むには、
お客様が自分自身を納得させ、購入すると決断するための「理由」が必要になる。

その決断要因の1つとして、
ECサイトに掲載された、運営者の想いやストーリーが重要な意味を持つ。

その商品を提供することで、社会に対してどのような役割を担おうとしているのか、
その商品を手に取ったユーザーに、どのような経験を提供しようとしているのか、
あるいは、その商品に対して、運営者からどのような想いが込められているのか、
お客様の決断は、どれだけ心を動かされたか、共感できたかに大きく影響を受ける。

2 誰に、商品を提供するのか?

ECサイトを運営しようと決断した時点で、
大抵の人は、漠然と誰にを売るかを決めているだろう。

だが、この「漠然と」というのが、実は問題なのである。
「より多くの人に」というのは簡単であり、結果的には理想である。
しかし、それは同時に誰にとっても適切ではない環境を構築する危険性を孕んでいる。

商品を提供することで、目指す社会像を実現するのに最も影響力の高い人物像、
あるいは、結果的に売上アップに最も貢献してくれる人物像、
明確なペルソナイメージを設定して欲しい。

最も簡単なのは、身近な人の中に「その人」がいないか探すことである。
ターゲットが明確になると、どうしたらその人が信頼してくれるか、
どうしたらその人が関心を持ってくれるか、どうしたらその人が購入してくれるか、
より明確で効果的な方法や商品が、浮き彫りになってくる。

3 何を、商品として提供するのか?

ECサイトを運営しようと決断した時点で、
大抵の人は、何を売るかを決めているだろう。

しかし、ここでもう一度考えて欲しい。
この「7つの基本事項」を考える中で、本当に提供したいもの、
あるいは、本当に提供すべきものに気付くことがある。

当初の想定よりも良いものが生まれたり、当初の想定の代替案が生まれたり、
情報を整理し、改めて考えることで、今まで見えていなかった部分に気付き、
お客様や社会にとって、より価値の高い商品を提供することができるようになる。

4 いくらで、商品を販売するのか?

ECサイトを運営しようと決断した時点で、
大抵の人は、いくらで仕入れて、いくらで売るかを決めているだろう。

しかし、それは本当に考えた結果、導き出された価格設定だろうか?
それは本当に売れる価格設定であるのか?
お客様にとって、価格以上の価値を見出せる設定であるのか?

1つの指標として、既存ECサイトや競合商品を知ることが重要である。
もし、現時点で類似した競合商品がない場合は、
代用となり得る商品について、調査・比較・分析する必要がある。

5 どこで、商品を販売するのか?

ECサイトを運営する場合、その展開場所は様々である。

既存の自社サイトの中で販売するのか、
新規で独自ドメインを取得し、新たなECサイトを構築するのか、
楽天やYahooなどの既存ECモールへ出店するのか、
ASPサービスやSNSを活用して、ECを展開するのか、
あるいは、複数を組み合わせて展開するのか等、選択肢は多岐にわたる。

現状、自社が投資できる資金や
目標達成までのスケジュールを考慮した上で、
どの選択肢がベストなのか判断をする必要がある。

6 どのように、商品を販売するのか?

ECサイトを運営する場合、どのように商品を販売するかは大きな課題である。
大きくは、宣伝広告と受発注とカスタマーサポートの3つについて考える必要がある。

宣伝広告の点では、主に、
どのように商品とECサイトについて知って貰うか、
どのようにECサイトに訪問してもらうかが大きな課題となる。

受発注の点では、主に、
どのような流れで受注から納品までを行うのか、
どのような方法で受注処理を行うのかが重要になる。

カスタマーサポートの点では、主に、
どのような方法でカスタマーサポートを行うのか、
どのようなマニュアルでカスタマーサポートを行うのかが検討事項である。

そして、それら対応を誰がいつ行うのかも、
ECサイトを運営する前に、決めておいた方が良いと考える。
最も避けるべきは、お客様にご迷惑を掛けてしまうことである。

7 いつまでに、目標を達成するのか?

ECサイトを運営しようと決断した時点で、
大抵の人は、何とか今よりも売上アップをしたいと考えているだろう。

ここに、大きな落とし穴がある。
具体的な数字で、目標設定と達成予定を考えずに、
売上アップを目指しても、それを実現するのは極めて困難である。

なぜなら、いつまで何をしたらどうなるのか、
現状の問題点は何であり、何を改善すれば成功するのか、
全く分からないまま、時間だけが過ぎていく可能性が高いからである。

成功するためには、誰が、何を、どの範囲で、いつまで、どのように行うのか、
具体的な数字や日付と共に、事前に決める必要がある。

最後に

売れるECサイトを作るということは、決して簡単ではない。
しかし、不可能なことではないし、やるべきことは非常に明確である。

問題は、やるべきことをリスト化し、それらに優先順位を付け、
誰がいつまで行うかスケジュールを立て、それを管理・遂行できるかどうかである。
更に加えるなら、それを実現するチームを構築できるかに掛かっている。

私は、自社のECサイトについて、PDCAを行いながら、
本ブログを通して、売れるECサイトを研究し、みなさんに共有したいと考えている。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。