5分で分かるGoogleトレンドの使い方:SEO対策に繋げるWeb制作

5分で分かるGoogleトレンドの使い方:SEO対策に繋げるWeb制作

みなさん、上の都道府県名と数字が何を示したものか分かりますか?

この表は、過去1年間「SEO」と検索した回数の多い都道府県がどこかということを表しています。最高点を100として、検索ボリュームを相対的に表しています。ちなみに、都市単位で見てみると、那覇市を100として、目黒区:85、品川区:68、中央区:53、新宿区:45と続きます。

Googleトレンドを使用すると、誰でも簡単に、ユーザーがどのキーワードで検索しているか、どのように関心が推移しているかを視覚的に知ることができます。

ユーザーが探している情報を提供してSEO対策:5分で分かるGoogleトレンドの使い方

SEO対策:5分で分かるGoogleトレンドの使い方

先日公開した「【保存版】小手先のSEOを捨てる。Googleの聖書をおさらい」という記事でもお伝えした通り、Googleのルールに則り、ユーザーにとって価値のあるWebサイトを制作・運営することは重要です。

実際に、Googleもウェブマスター ツールのヘルプにある「Google と相性の良いサイトを作成する方法」の中で、次のように伝えています。

ユーザーが探している情報を提供する
サイト内、特にホームページで質の高いコンテンツを提供することが、最も重要です。サイトを訪れるユーザーにとって有用な情報が含まれていれば、サイトの人気が上昇して他のサイトからリンクされるようになります。情報に富んだサイトを作成するには、それぞれのページでトピックをわかりやすく正確に記述します。ページを検索するときにユーザーがどのような言葉を入力するかを考慮して、その言葉をサイトで適切に使用します。

「どんなキーワードで検索し、どのようなコンテンツがWebサイト内にあれば、ユーザーに価値を提供できるか」をユーザー視点で考える重要性を伝えています。

今回は、ユーザーの検索動向を知るためのツールの1つとして、誰でも簡単に使用できるGoogleトレンドの使い方をご紹介します。

無料で簡単に検索動向を調べる:5分で分かるGoogleトレンドの使い方

無料で簡単に検索動向を調べる:5分で分かるGoogleトレンドの使い方

今回ご紹介するのは、Googleトレンドの中の「(詳しく)調べる」という機能です。まずは、「Googleトレンド 調べる」を開きます。

Googleトレンド設定

まずは、(1)国・地域、(2)期間、(3)カテゴリ、(4)検索方法の4つをプルダウンメニューから選び設定します。
仮に、(1)日本、(2)2004-現在、(3)すべてのカテゴリ、(4)ウェブ検索を設定してみます。(3)と(4)は、選択しなくても構いません。

Googleトレンド キーワード設定

次に、キーワードを設定します。「+キーワードを追加」をクリックして入力し、Enterキーを押します。ちなみに、複数ワードの検索を調べる場合は、「seo 対策」のように、「キーワードA(半角スペース)キーワードB」と入力します。ここでは、「seo」と入力します。これで、設定は完了です。とても簡単です。

【Googleトレンドの画面イメージを確認するにはPCでご覧下さい。】

この設定を行うだけで、ユーザーの検索ボリュームの推移を見ることができます。また、このようにWebページへ埋め込むことも可能ですし、実際のページでは、検索キーワードに関わる「ニュースのヘッドライン」やこれからの「予測」を見ることもできます。

【Googleトレンドの画面イメージを確認するにはPCでご覧下さい。】

更に、地図上でどの都道府県が多いのか見ることができます。実際のページ上では、「都市」を選択することで、検索ボリュームが多い都市を地図上に表示させたり、指定した期間の推移をコマ送りで視覚的に確認することもできます。

【Googleトレンドの画面イメージを確認するにはPCでご覧下さい。】

勿論、冒頭で紹介したような表で見ることもできます。こちらも同様に、「都道府県(地方)」と「都市」を切り替えて見ることが可能です。

【Googleトレンドの画面イメージを確認するにはPCでご覧下さい。】
   

そして、設定した検索キーワードと関連する「人気のキーワード」と「注目キーワード」を見ることができます。

Googleトレンド

更にここで、関連キーワードにカーソルを合わせクリックすると、自動的にその関連キーワードについての結果を表示してくれます。

Googleトレンド 関連キーワード分析

このように、キーワードを深掘りしていくことができます。検索ボリュームの多いビックキーワードから複数キーワードを見ていくことが容易に可能です。

TIPS:Googleトレンドの検索キーワード比較と通知機能

キーワード比較:5分で分かるGoogleトレンドの使い方

検索キーワードを1つだけ見るのではなく、複数種類のキーワードを比較することも可能です。

通知:5分で分かるGoogleトレンドの使い方

また、気になるキーワードがあれば、登録しておくと、注目のイベントに関する最新情報を配信してくれます。

最後に:ユーザー視点の情報提供でWeb集客に繋げる

今回ご紹介した「Googleトレンド」はあくまでツールの1つに過ぎません。最も大切なのは、「ユーザーに価値のある情報を提供する」という考え方です。ツールはあくまで、それを実現する道具に過ぎません。

SEOという施策や今回の様なツールに溺れ、企業側の利己的なWebサイト運営にならないように注意して下さい。これは、私自身もブログを書きながら、日々戒めとして持っている言葉です。

本当にユーザーに必要とされる情報を提供し、改善し続けていけば、Web集客やSEOは自然と実現できます。みなさんも是非、価値の高いコンテンツ配信を行って下さい。