【入門編01】WordPress(ワードプレス)でWeb制作をするために必要な予備知識まとめ

WordPress(ワードプレス)でWeb制作をするために必要な予備知識まとめ
Vienna WordPress Meetup #2 by Heisenberg Media

「そもそも、ワードプレスが何か教えて下さい。」
「ワードプレスって誰が使っているんですか?」

これから、WordPress(ワードプレス)を活用して、Web制作をしようと考えている方のために、必要な予備知識をまとめてご紹介します。

はじめてワードプレスでWebサイトを構築する基礎知識01「WordPressって何?誰が使っているの?」

はじめてワードプレスでWebサイトを構築する基礎知識

ブログを構築するだけでなく、多くの企業がコーポレートサイトを構築するために、WordPress(ワードプレス)を採用しています。なぜ、ワードプレスが人気なのでしょうか?

一つひとつ順を追って、ご説明していきます。

そもそも、WordPress(ワードプレス)って何?

thumbnail

まずは、WordPress(ワードプレス)の公式サイトを見てみましょう。

“WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。”(WordPress › 日本語

よく分からない方のために、2つだけ重要なキーワードをご紹介します。

■オープンソース
□構成するソースコードが、無償で公開されている
□誰でも改良・再配布が行える
企業として利用する人からすれば、無料で利用できるということです。

■CMS:
コンテンツ・マネジメント・システムの略です。その名の通り、Webコンテンツ(Webサイト/Webページ)を構成する、文字や画像、更には、レイアウトに関する情報などを、管理画面で簡単に追加・修正・管理ができ、HTMLなどの知識が無くてもWebサイトの更新が可能になるシステムです。

つまり簡単にまとめると、WordPress(ワードプレス)とは、誰でも簡単にWebページの追加や更新が行える無料のシステムということです。

【補足:重要なので後日詳しくご説明します】
ワードプレスはデータベースと連携し、SEO対策にも効果がある整理された内部構造を持ちながら、様々な美しいデザインを取り入れることが可能です。そして、ユーザーにとって分かり易い・使い易いWebサイトを目指すのに適したシステムと言えます。

どんな企業が、 WordPress(ワードプレス)を採用してる?

ワードプレスというとブログを構築するツールというイメージが強い方もいるかもしれませんが、今ではたくさんの大手企業もワードプレスを自社のコーポレートWebサイトの構築に活用しています。

どんな企業が、 WordPress(ワードプレス)を採用してる?

最も有名な例は、「食べログ」や「価格.com」を運営する、株式会社カカクコムです。

松屋

飲食業会では、「松屋」を展開する、株式会社松屋フーズも挙げられます。

EC-CUBE

また、オープンソースECシステムの「EC-CUBE」を提供する、株式会社ロックオンのWebサイトもワードプレスで構築されています。

TIPS:そのサイト、WordPressで作られたサイト?

Is it WordPress?

ワードプレスで作られたサイトかどうかを調べることができるWebサイトがあります。気になったら、競合企業がどのようにしているか見てみて下さい。
□参考Webサイト:Is it WordPress?

最後に:誰でも無料で簡単に使える、Webサイト構築・更新システム

入門編の一番最初ということで、今回はここまでにして、ポイントをまとめます。

□無料で利用できるシステム
□誰でも簡単に更新ができる
□ブログだけでなく企業サイトの構築にも利用できる

この3つのポイントを覚えておいて下さい。引き続き、ブログを通じて、WordPress(ワードプレス)を利用する価値について説明していきます。