知らないと損をする5つのステップ!Googleトレンドとアドワーズを使ってSEOキーワードを検証する方法

知らないと損をする5つのステップ!Googleトレンドとアドワーズを使ってSEOキーワードを検証する方法

SEOキーワードが検索エンジン流入を決める?
WEB集客のために必要なGoogle活用方法

大企業はもちろんであるが、中小企業こそ、
WEBサイトを活用して、見込み客を集め、お問い合わせを獲得し、
売上アップに繋げるべきであると、私は考える。

成功するためには、なぜ失敗しているのかを見直すことは重要である。
先日、「WEBサイトにお問い合わせが来ない残念な25個の理由」を公開した。

また昨日、その中の1つの問題を解決するヒントとして、
検索ビックワードを意識したサイト構成を行うための15個チェック項目」を
公開したが、本日はそれに関連した「SEOキーワード」の評価方法についてご紹介する。

Googleアドワーズとトレンドを使ったSEOキーワード検証

 1 Google Adwordsにアクセスし「キーワードツール」を選択
 2 SEOキーワード候補・条件を入力
 3 表示された「キーワード候補」を検索ボリュームでソート
 4 キーワードごとに「Google Insights for Search」で調査
 5 Google Trendsでキーワードを分析・評価

Google Adwordsを活用してSEOキーワードを検討・検証

Google Adwordsは、Googleの検索結果に連動して広告を掲載するサービスだが、
Googleと連動しているという特長から、キーワード評価・選定ツールが、
非常に充実しており、SEOキーワードを検討するのに役立つ。
それでは、Google Adwordsを活用したキーワード検討の方法をご紹介する。

Google Adwordsにアクセスし「キーワードツール」選択

Google Adwordsにアクセスし「キーワードツール」選択

Google Adwordsにログインし、「ツールと分析」メニューの中から、
「キーワードツール」を選択する。

SEOキーワード候補・条件を入力

SEOキーワード候補・条件を入力

SEOキーワードの候補として考えている単語またはフレーズを入力し、
対象エリアや言語、ユーザーの閲覧環境などの条件を指定し、検索する。

表示された「キーワード候補」を検索ボリュームでソート

表示された「キーワード候補」を検索ボリュームでソート

左側のタブをクリックして「キーワード候補」を表示させ、
「月間検索ボリューム」でソートし、必要に応じてCSV保存する。

キーワードごとに「Google Insights for Search」で調査

キーワードごとに「Google Insights for Search」で調査

各キーワードの右側に付いている「▼」をクリックして、メニューを表示させ、
「Google Insights for Search」をクリックすると、Google Trendsを確認できる。

Google Trendsを活用してSEOキーワードを分析・評価

Google Trendsは、Googleの検索結果に基づき、特定キーワードの
「人気度の動向・地域別人気度・関連する検索キーワード」を確認したり、
いくつかのキーワードを比較しながら、最近の検索トレンドをチェックできるサービス。

Google Adwordsと連動することで、的確に効率的に、
SEOキーワード候補を分析・評価することが可能になる。

Google Trendsでキーワードを分析・評価

Google Trendsでキーワードを分析・評価

Google Adwordsからジャンプして見るだけでなく、
このサービスを使って、気になるキーワードをチェックすることも可能。
時間があれば、「急上昇ワード」と併せてチェックをして頂きたい。

最後に

このように、1つの問題を細分化し、1つずつ対策していくことが重要である。
0.1%の積み重ねが、大きな成果に繋がっていくのである。

先日アップした「WEBサイトにお問い合わせが来ない残念な25個の理由」について、
今回のように、1個ずつ詳しく解説していきたい。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方、
メディア運営者の方にとって、少しでも参考になれば幸いである。