【SEO対策】ロングテールSEOと定期的なWeb集客を実現するコンテンツの作り方:3つの法則とコツ

【SEO対策】ロングテールSEOと定期的なWeb集客を実現する3つの法則とコツ

「検索エンジンからの流入を増やし、Web集客を実現したい。」
「定期的に、毎日アクセスがあるコンテンツが欲しい。」

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを制作し、そのWebページに最低限のSEO対策が施されていれば、ロングテールSEOによるWeb集客は実現できます。企業のWeb担当の方は、ブログの運用や自社コンテンツの制作を行う際、是非参考にして頂ければと思います。

SEO対策:ロングテールSEOとWeb集客を実現するコンテンツの作り方

SEO対策:ロングテールSEOとWeb集客を実現するコンテンツの作り方

折角、自社のWebサイト内でブログ記事を書いたり、特集ページを制作するのであれば、そのWebページに対して、定期的なWeb集客を実現したいと、企業のWeb担当者であれば考えるはずです。

理想は、広告無しで、ユーザーが純粋に検索(オーガニック検索)した際に、検索上位に表示され、そのままWebサイトへ流入するという形です。これであれば、最初のWebページ制作という投資だけで、定期的なWeb集客を実現できます。

ロングテールSEOによる定期的なWeb集客は、誰でも実現できます。基本的なSEO対策のルールを守った上で、これからご紹介する法則とコツに沿って、コンテンツを制作してみて下さい。

□基本的なSEO対策はこちらの過去記事で確認↓↓
Web集客から成約に繋げる、SEO対策チェックリスト20項目【保存版】

【コンテンツの作り方:3つの法則とコツ】

1:ターゲットにとって有益なツールをまとめる
2:ターゲットの課題を解決するハウツーを提供する
3:ターゲットが関心を持つ新しい情報を調査する

それでは個々についてご説明していきます。

1:ターゲットにとって有益なツールをまとめる

ターゲットにとって有益なツールをまとめる

コンテンツの作り方 法則1:
ターゲット(見込み客)にとって、有益なツールをまとめるという方法が挙げられます。見込み客のペルソナイメージを明確に構築し、どんな課題や悩みを持っているかを想定できれば、その課題や悩みを解決できる「ツール」が見えてきます。ターゲットにとって有益なツールを調査し、1つのWebページにまとめます。

成功のコツ:
ツールをまとめる際は、ある程度の数が必要です。最低でも5つは必要です。5個、7個、8個、10個、20個、それ以上が良いでしょう。また、ツールを使用するターゲットの状況を踏まえた上で、目的別やレベル別など、適切な分類や書く順番を意識すると、ユーザーにとってWebページの価値は更に高まります。

ページ制作事例(過去記事):
Webマーケティング・SEOに便利なGoogle Chrome拡張機能10選
無料で使える45個のFacebookアプリまとめ:知らないと損をするビジネス・商売のためのFacebook活用術

2:ターゲットの課題を解決するハウツーを提供する

ターゲットの課題を解決するハウツーを提供する

コンテンツの作り方 法則2:
ターゲット(見込み客)の課題を解決する、ハウツーを提供する方法が挙げられます。先ほどのまとめ記事が箇条書き(リスト)と簡単な説明でWebページを構成するのに対し、こちらのコンテンツは、ターゲットが抱える具体的な1つの課題・悩みを解決する方法を詳しく説明します。

成功のコツ:
図解や画面キャプチャを利用して、分かりやすくページを構成することも重要ですが、最も重要なことは、いかに簡潔に課題を解決できるかです。そして、Webページを見るユーザーが、「探していた情報はこれだ!」と思えるように、検索キーワードを分析し、コンテンツと合致させる必要があります。

ページ制作事例(過去記事):
Illustrator(イラストレーター)内に配置した画像を後からまとめて収集する方法
Illustratorで文字が選択できなくなるトラブルシューティング

■こちらの過去記事を読むと更に効果的↓↓
【SEO対策】キーワード分析でWeb集客アップ!無料で使える便利ツール5選

3:ターゲットが関心を持つ新しい情報を調査する

ターゲットが関心を持つ新しい情報を調査する

コンテンツの作り方 法則3:
ターゲット(見込み客)が関心を持つ、新しい情報を調査する方法が挙げられます。ここでのポイントは、「新しい情報」と「独自調査」の2つです。ターゲットの関心度が増加し、これからトレンドとなる「新しい情報」について、他の誰かが情報を公開する前に、独自で調査し、Webページを公開します。

成功のコツ:
このタイプの場合、誰も知らない、誰も公開していない価値の高い情報をいち早く、Googleにインデックスして貰えるかどうかが、成果に大きく影響します。ユーザーの関心が高まる中で、あなたの競合も必ず同様のコンテンツを発信してきます。その前に、価値の高い記事を公開し、他のメディアに取り上げられる(引用される)ぐらいのレベルまで持っていきましょう。

ページ制作事例(過去記事):
【海外アプリYo】相手に「Yo」とだけ伝えられるスマホアプリの使い方:Facebook新アプリより米国でバズってる?
【動画】話題のロボットPepperとソフトバンク銀座店で会話してきた!ペッパーが創るビジネスの未来

最後に:あなたが、世の中の誰よりもターゲットを考える

今回ご紹介した、コンテンツ作りの3つの法則に共通して言えることがあります。

「そのWebページは、どれだけターゲットのことを考えた内容ですか?」

□誰がターゲットか意識しながら書いていますか?
□誰のためのコンテンツか明確ですか?
□誰でも知っているような内容になっていませんか?
□他社が公開した内容をただコピペしていませんか?
□自分がターゲットの立場なら、本当に役立ちますか?

特に、誰かが書いた内容をただ真似しても、ユーザーは価値があると感じませんし、SEO対策においても、Googleからの評価を下げることになります。必要に応じて、引用するのは問題ありませんが、必ず独自の調査や具体的な経験に基づく、コンテンツを発信していく必要があります。

もし、あなたが世の中の誰よりも、あなたのターゲットのことを考え、その方に有益な情報を配信し続けることができるのであれば、あなたのWebサイトには必ず人が集まってきます。

ただひたすら、ターゲットへ価値を提供することを追求していきましょう。それによって、Web集客を実現し、より良質な見込み客との繋がりを構築し、成果へ繋げることができるはずです。