モバイルフレンドリー大丈夫?チェックツール:Google SEO対策

モバイルフレンドリー大丈夫?チェックツール:Google SEO対策

スマホ対応が、検索結果に影響。

Googleは、モバイルでユーザーが検索した際の表示順位を決める要因として、スマホ対応されているかどうかを含めると、公式ブログで発表しました。(原文

2015年4月21日から、導入される予定です。

SEO対策チェックツール:
モバイル フレンドリー テスト

今すぐ、サイトをチェック!

モバイル フレンドリー テスト

Googleは、
スマホ対応をチェックできるツールとして、
モバイル フレンドリー テスト
を無料公開しています。

このツールを使用すると、Googleが考える「モバイル フレンドリー」の条件を満たしているかどうか、誰でも簡単にチェックできます。

チェック方法は、非常に簡単。サイトのURLを入力し、「分析」をクリックするだけです。

モバイル フレンドリー テスト

問題が無い場合

モバイル フレンドリー テスト OK

「問題ありません。
 このページはモバイル フレンドリーです。」

という文章が表示され、Googlebotがどのように見ているか、プレビューを確認できます。

問題が有る場合

モバイル フレンドリー テスト NG

「モバイル フレンドリーではありません」

という文章が表示され、具体的な問題をいくつか表示してくれます。

【モバイル対応ではない理由の例】
□テキストが小さすぎて読めません
□モバイル用 viewport が設定されていません
□リンク同士が近すぎます など

また、サイト制作の状況に応じて、解決方法に関するページへ誘導してくれます。

Google ウェブマスター ツール で
詳細レポートをチェック

モバイル ユーザビリティ

モバイル ユーザビリティ

Google ウェブマスター ツール にログイン後、左のメニューから「検索トラフィック」をクリックして展開し、「モバイル ユーザビリティ」を開きます。

これにより、サイトに影響を及ぼしている「モバイル ユーザービリティ エラー」の一覧を確認することができます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
いま改めて考える、SEO対策:2015年版

最後に:全てはユーザーのために

Googleが掲げる理念の1つ:
ユーザーの利便性を第一に考える。

Google 検索は、目的の情報を求めている人々に最も関連性の高い有益な情報を提供することを目指しています。その理由から、Google では、人々が自分の作業に関連する情報を利用しやすいように、意味のある「クリック後の」エクスペリエンスを確保したいと考えています。
モバイル ユーザビリティ

携帯端末からのトラフィックが増加する中、ユーザーを第一に考えれば、「モバイル フレンドリー」を評価基準の1つとすることは、当然の流れであると考えます。

「顧客にとって、より価値の高いコンテンツと最適なUI/UXを提供するのは、当然である。」と、私たち企業も考える必要があります。

顧客のため、共に改善を続けましょう!

「モバイル フレンドリー」の
チェックツールをシェアしよう!