初めてのSEO対策:検索順位の前にGoogle検索の仕組み、基本3ステップを理解しよう!


How Search Works(日本語 字幕付き)

「どうやったら検索結果の上位に表示されますか?」
「SEO対策は、何を行えば良いのですか?」

まず、初めてWeb担当・ECサイト担当・マーケティング担当になった方は、基本的な部分を確認しましょう。分かっているつもりでも、より効果的な対策を立てるために、しっかりと理解しておきましょう。

Googleに対するSEO対策を行いたいと思うならば、まずは、Google検索の仕組みを知りましょう。この動画は、「Webmaster Academy」に掲載されている動画で、Google検索の仕組みを分かり易く、クールに説明してくれています。以下、文書でも補足説明します。

SEO対策の基本:Google検索ランキングの仕組み

SEO対策の基本:Google検索ランキングの仕組み3ステップ

なぜ、私たちは世界中に存在する、数十億もの膨大なWebページの中から、検索キーワードに関連したページをGoogleで調べることができるのでしょうか?

それを実現しているのは、主に次の3つのプロセスです。

1:ページの検出(クロール)
2:索引の生成(インデックス作成)
3:検索結果の表示

Google 検索の仕組み – ウェブマスター ツール ヘルプ」を参考に解説していきます。

1:ページの検出(クロール)

ページの検出(クロール)

まず、Googleは日々、世界中にあるWebページを探しています。それは、この瞬間も行われている作業です。この作業は、「クロール」と呼ばれます。

Googleでは、「Googlebot」と呼ばれるウェブ クロール用ロボット(別名:スパイダー)が、新しく制作されたページや更新されたページを検出します。ここで、3つ抑えておきたいポイントがあります。

被リンクとウェブマスターツールで送信されたXMLサイトマップをもとにクロールする
クロールの頻度はWebサイトによって異なる
□特定サイトのクロールの頻度を有料で増やすことはできない

この基本を抑えた上で、クロール頻度を向上させることによって、SEO対策に繋げることができます。

2:索引の生成(インデックス作成)

索引の生成(インデックス作成)

1番で検出したページについて Googlebot は、索引を生成していきます。Googleで私たちが検索を行った場合、実際に検索しているのは、この生成された索引となります。

つまり、Googleにインデックスされないページは、検索でも表示されることは無いということです。ここで、3つ抑えておきたいポイントがあります。

□検索されるにはインデックスされる必要がある
□検出した単語とページ上の場所、タイトルタグなどの情報を処理する
□一部のリッチ メディア ファイルや自動的に生成されるページのコンテンツは処理できない

この基本を抑えた上で、インデックスされるページかどうかを判断する必要があります。

3:検索結果の表示

検索結果の表示

ユーザーが検索するキーワード(クエリ)を入力すると、インデックス上で検索が行われ、関連性が高いと評価を受けた順に、検索結果が表示されます。

関連性を決める評価は、PageRankなど200を超える要素によって決定されます。

□PageRankは関連性と信頼性の高いページからの参照リンクに基づいて決まる
コンテンツの品質がリンクの重要度に影響を与える
品質に関するガイドラインを基にWebサイトを運用する必要がある

この基本を抑えた上で、Webページの価値を高めていく必要があります。

最後に:ユーザー視点でコンテンツの質を高める

まず、Googleに対して、XMLサイトマップを送信して、確認して貰う必要があることはご理解頂けたと思います。

そして、問題はここからです。いかにして、クロール頻度とインデックス数を上げ、高い評価を受けて検索上位表示を実現するかということになります。

1つだけ確かな解決策は、ユーザー視点でコンテンツの質を高め続けることです。

Googleも、ユーザーにより価値の高い情報を素早く届けることを目指しています。私たちもWebサイトを通じて、ユーザーに対して価値の高い情報を届ける必要があります。