SEO対策の誘導ページは消す

SEO対策の誘導ページは消す

検索上位表示は、誰のため?

Web活用でビジネスを拡大させたい企業を誘惑する、間違ったSEO対策。どんなにWeb集客を実現したいとしても、ユーザー・顧客の利益を害してはいけません。

Googleは、ユーザーの利便性を向上するため、近日中に「誘導ページ」とみなしたページのランキング調整を開始すると、公式ブログで発表しました。

SEO対策:誘導ページとユーザーの利益

Googleは、ユーザーを最優先する。

ユーザーエクスペリエンス

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。
引用:Google が掲げる 10 の事実

企業がSEO対策のため多くのコストを投じても、Googleが最優先するのは、実際に検索するユーザーです。今後、誘導ページは評価されなくなるでしょう。

ところで、「誘導ページ」とは何でしょうか?

SEO対策と誘導ページ

注意すべき、誘導ページ。

注意

Googleは、誘導ページについて次のように言及しています。

誘導ページは、特定の検索キーワードで検索結果の上位に表示されることを目的に作成されたサイトまたはページです。誘導ページにより、類似する複数のページが検索結果ページに表示され、どの検索結果からも同じ内容のサイトやページにユーザーが誘導されるため、ユーザーの利便性が妨げられることになります。また誘導ページは、最終的なアクセス先となるサイトやページに比べ有用性の低い中間ページにユーザーを誘導することもあります。

誘導ページの例としては、次のようなものが挙げられます。

・特定の地域や都市を対象としたドメイン名やページを複数持ち、それらのドメインから 1 つのページにユーザーを誘導するもの
・サイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的として生成されたページ
・サイト内における階層が明確に定義されていないため構造としては検索結果の一覧に近い、内容が類似する複数のページ
引用:誘導ページ – ウェブマスター ツール ヘルプ

例えば、このような手法です。

誘導ページ例1

あるいは、このような手法もあります。

誘導ページ例1

このような手法は大分減りましたが、今後は更に意味が無くなります。

では、どのような基準でページを制作すべきなのでしょうか?

SEO対策で考えるべき1つの質問

ユーザー最優先を徹底する。

質問:
SEO対策やトラフィック増だけを目的としてページを制作していないか?

閲覧したユーザー・顧客に価値を提供することが、常に最優先されるべきです。
Googleは、正当にその点を評価します。

□こちらの記事もチェック↓↓
いま改めて考える、SEO対策:2015年版

最後に:自分がユーザーだったら

そもそも、もし自分がユーザーの立場で誘導ページにアクセスし続けたら、どう感じるでしょうか?

「比較して検討したい。」
「より価値の高い情報が欲しい。」
「他の視点からの意見を知りたい。」

誘導ページは、このようなユーザーの意向を無視しています。単に自社の利益のみを追求した結果、生まれたものです。

ユーザー最優先・顧客第一で考えることが大切です。ユーザー・顧客から選ばれ続ける存在となるため、共に改善を続けましょう。