長期的視点が大切。ヤフトピに学ぶ、クオリティ管理

長期的視点が大切。ヤフトピに学ぶ、クオリティ管理

客観的かつ長期的に、顧客価値を高める。

メルマガ・ブログ記事・Webページのタイトルを見れば、誰をターゲットとしているのか、どのようなコンセプトでメディア運営・事業展開しているのかなどを感じることができます。

先日、Yahoo!トピックスから学ぶ、効果的なライティングとして、読まれるタイトルについてお伝えしました。その他にも、タイトルを考える上で、ヤフトピ担当者が気を付けているポイントがいくつか存在します。

長期的な価値とライティング

長期的な価値とライティング

タイトルは本文よりも多くの人の目に留まります。そんな大切なタイトルに関して気を付けて欲しいことがあります。

一時のPVだけを求めず、顧客価値を最優先し、長期的に選ばれるブランドを創造する。

ヤフトピ担当者のインタビュー記事を参考に、私自身も日々改善しています。

顧客価値はユーザー層と直結する

高い価値は、質の高いファンを創る。

ヤフトピ担当者はタイトルを考える際、顧客価値を重要視しています。

トピックスに見出しを掲載する前には、見出しを作った人間以外の人がチェックするようにしています。内容がダメだったり、改良の余地がある場合はその場で調整をして直します。
引用:Yahoo!ニュース トピックスが13文字である理由(MarkeZine)

全体的に「?」や括弧などの記号を使い過ぎていないか、ユーザーが読みやすいタイトルになっているか、タイトルと内容に乖離が無いかを常に考えています。加えて、タイトルを書いた本人以外がダブルチェックを行うことにより、顧客価値を客観的な視点で追求しています。

ページビューはあまり集まらないけど、社会的な意義がある情報に関しては、優先的に出すようにしています。その点は長期的な観点で見ています。
引用:Yahoo!ニュース トピックスが13文字である理由(MarkeZine)

Yahoo!ニュースは、トップページに8本の記事のタイトルが表示されます。とにかく「読まれる記事」ばかり集めるのではなく、社会的に意義のある記事を掲載しています。ただ単純に面白い記事だけではなく、ユーザーにとって大切な情報をしっかりと伝えることで、長期的なメディアとしての価値を高めています。

ここでの重要なポイントは、「誰に対して、どんな価値を提供すべきかを考え、徹底する。」ということです。安易にWeb集客だけを考えたコンテンツばかりでは、本当のファンは生まれません。仮に生まれたとしても、それがあなたのターゲットと乖離していては、ブランド価値を高めることには繫がらないでしょう。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
選ばれるブランドを創る5つの基礎ポイント

最後に:長期的にブランド価値を高める

SEO対策やブランディングの観点から、コンテンツマーケティングを多くの企業が推し進めています。

このような取り組みを行う際、最も重要なことは、「顧客価値を徹底的に追求し、持続的に選ばれるブランドを創造できるか。」ということです。

まず、顧客にとって有益でなければ、顧客を幸福にできないのであれば、どんなにコンテンツを提供しても意味がありません。そして、そのコンテンツ提供が本当に顧客のためになっているかどうかを分析・改善する必要があります。

一時的に「売れる」ことを目指すのではなく、持続的に「選ばれる」存在になるために、ブランドとして何をすべきかを追求し、実践していくことが大切です。

私自身もブログを通して、顧客に役立つ情報を提供できるよう、日々改善しながら実践しています。

著者:高橋慶彦(ブログ運営責任者)

コンテンツ・マーケティングの
ポイントをシェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく