【SEO対策】キーワード分析でWeb集客アップ!無料で使える便利ツール5選

【SEO対策】キーワード分析でWeb集客アップ!無料で使える便利ツール5選

「SEO対策でページ内のキーワードは重要ですか?」
「どんなコンテンツを提供すればWeb集客できますか?」

全ては、ユーザー視点で考えましょう。SEO対策をビジネスのために考えるならば、あなたの見込み客の立場で、どんな情報を必要としているのか考えることが重要です。

その実現のためには、ユーザーがどのようなキーワードで実際に検索しているのかを知る必要があります。

キーワードの需要と傾向を分析:無料SEO対策ツール5選

キーワードの需要と傾向を分析:無料SEO対策ツール5選

今回はSEO対策ツールとして、無料でキーワード分析をするための便利なWebサイトを5つご紹介します。

1:豊富なキーワード関連SEOツール「FerretPLUS」
2:初心者が簡易的に調べたいなら「goodkeyword」
3:初心者が視覚的に知りたいなら「Googleトレンド」
4:順位毎のアクセス予測数を知りたいなら「aramakijake」
5:キーワード分析の絶対必須ツール「Google Adwords」

1:豊富なキーワード関連SEOツール「FerretPLUS」

豊富なキーワード関連SEOツール「FerretPLUS」

FerretPLUS(フェレットプラス)
無料でここまでの機能を使用できるのは、本当に便利です。様々観点から、キーワードを分析し、ユーザーの傾向を見ることができます。

□キーワードアドバイス
過去にさかのぼって、指定した文字列を含むキーワードの中で、月間検索ボリュームが多かったキーワードを閲覧できます。毎年恒例の季節的な旬のキーワードを調べて、より多くの関心がどこにあるのか調べられます。

□秘密ワードPro
競合サイトへどのようなキーワードで流入しているかの予測を閲覧できます。

□キーワード発想
「次に検索されているキーワード」や「類義語」を組み合わせて複合語を表示してくれます。実際にどのキーワードを使用するかは、そのキーワードを再度検証した方が良いでしょう。

□キーワードランキング
過去にさかのぼって、ユーザーが検索した全体の中で、月間検索ボリュームが多かったキーワードを閲覧できます。

□楽天市場ランキング
楽天市場の人気検索キーワードを見ることができます。

□Yahoo!関連語
Yahoo!JAPANが提供する関連語データを見ることができます。

□ブログで話題
ブログで話題になっているキーワードを日単位で見ることができます。

2:初心者が簡易的に調べたいなら「goodkeyword」

初心者が簡易的に調べたいなら「goodkeyword」

goodkeyword(グッドキーワード)
とにかく簡単に、特定の文字列を含む、または、関連する人気キーワードを知りたい時に使えます。詳しい情報は、ほとんど表示されませんので、初心者が本当に簡易的に調べる用です。

3:初心者が視覚的に知りたいなら「Googleトレンド」

初心者が視覚的に知りたいなら「Googleトレンド」

Googleトレンド
Googleトレンドを使用すると、誰でも簡単に、ユーザーがどのキーワードで検索しているか、どのように関心が推移しているかを視覚的に知ることができます。過去に詳細を説明したブログ記事がありますので、是非ご覧下さい。

□参考過去記事:
5分で分かるGoogleトレンドの使い方:SEO対策に繋げるWeb制作

4:順位毎のアクセス予測数を知りたいなら「aramakijake」

順位毎のアクセス予測数を知りたいなら「aramakijake」

aramakijake(あらまきじゃけ)
aramakijake.jpは、特定のキーワードで上位表示を実現した際、検索順位別にどのぐらいのアクセス数があるかを調べることができる、キーワード検索数調査・予測ツールです。また、競合サイトの検索数の予測ツールも追加されています。

5:キーワード分析の絶対必須ツール「Google Adwords」

キーワード分析の絶対必須ツール「Google Adwords」

Google Adwords(アドワーズ)
キーワード分析において、絶対に外せないツールが、Google Adwords(アドワーズ)です。Google AdWordsの中の「キーワード プランナー」を使用し、キーワードの候補と過去の統計情報を閲覧することができます。

□参考過去記事:
知らないと損をする5つのステップ!Googleトレンドとアドワーズを使ってSEOキーワードを検証する方法

最後に:検索キーワードを分析しユーザーの価値を高める

どんなに価値のある情報だと、発信者側(企業側)が考えても、ユーザーに届かなければ意味がありません。また、価値があるかどうかを判断するのは、ユーザー(見込み客)側であって、発信側(企業側)ではありません。

そのことを忘れ、自分本位な情報を発信しても、ユーザーには響きません。結果、見られません。

ユーザーの欲しい情報を知る1つの方法として、今回ご紹介したキーワード分析ツールを活用し、あなたのお客様にとって価値の高い情報を配信し続けて下さい。