無料公開!1996年から2012年までに発行された「インターネット白書」

written by 高橋慶彦
[browsershot url=”http://iwparchives.jp/” width=”600″]

私が、インターネットに初めて触れたのが、
小学校6年生だったと記憶しています。
1994年〜95年の頃です。
あの頃は、ダイアルアップでカタカタでした。

当時から、IllustratorやPhotoshopを使って
家業の手伝いと称したバイトをしていましたから、
中学の頃には、父が経営する印刷会社のホームページを
GoLiveで制作しました。非常にシンプルなものでした。

それから、約20年の月日が経ち、
インターネットは、多くの人にとって当たり前になり、
デバイスでも、大きな変遷が起きています。

「インターネット白書」という出版物があります。
2014年2月21日、同誌を出版するインターネット白書編集委員会が
過去1996年から2012年までに発行されたものを一般に公開しました。

インターネット白書ARCHIVES

誰でも、無料でWEB閲覧できるサービスで、
目次からと、単語による全文検索で探して見ることができます。

過去のデータとの比較、状況の変化を考える際、
資料として活用できそうです。