企業Facebookページ作成の10ステップ

企業Facebookページ作成の10ステップ

顧客との繋がりをつくる。

CTA(Call To Action、コールトゥアクション)ボタンを追加できるようになったり、投稿のターゲット設定ができるようになったりするなど、変化し続けるFacebookページ。その作成方法を改めて振り返ってみましょう。

Facebookページの作成方法

必要な情報とポイントを整理しよう。

企業が顧客との繋がりを構築する1つの方法として、SNSの活用が挙げられます。企業にとって、Facebookページの作成に必要な情報とポイントを改めてチェックしてみましょう。

1:Facebookページを作成する前に

誰のために、何のために。

Facebookページを作成

Facebookページは、顧客との繋がりをつくるツールに過ぎません。

他のマーケティングツール同様、作成をする前に情報を整理する必要があります。

□理念・ビジョン・ミッション
□目的・ゴール・目標(数値化)
□戦略・作戦・戦術
□説明文(30秒以内に読める量)
□ページの概要(85文字以内)
□最大の価値(13文字以内)
□ターゲット層
□ペルソナ
□顧客の課題と悩み
□提供する価値とコンテンツ
□顧客が得られる成果と効果
□競合ページとポジショニング

2:Facebookページを作成

管理者アカウントでページを作成。

Facebookページを作成

それでは、実際にFacebookページを作成していきましょう。

Facebookページを管理するアカウントでログインし、画面右上にあるメニューの中から、「ページを作成」を選択します。

3:Facebookページの種類を選択

最適なページの種類を選択。

Facebookページの種類

6種類のFacebookページから、1つを選択します。

□地域ビジネスまたは場所
□会社または団体
□ブランドまたは製品
□アーティスト、バンドまたは著名人
□芸能・エンタメ
□慈善活動またはコミュニティ

4:カテゴリと名前を設定

同じ画面内で、最初の設定。

カテゴリと名前

まずは、Facebookページのカテゴリと名前を決めます。先ほどお伝えした6種類の内、どれを選ぶかで入力内容が変わります。(Facebookページ規約をしっかりと確認しましょう。)

□地域ビジネスまたは場所
 カテゴリ・名前・郵便番号
 都道府県・住所・電話
□会社または団体
 カテゴリ・名前
□ブランドまたは製品
 カテゴリ・名前
□アーティスト、バンドまたは著名人
 カテゴリ・名前
□芸能・エンタメ
 カテゴリ・名前
□慈善活動またはコミュニティ
 名前

5:基本データを設定

トップに表示される説明を決定。

基本データを設定

Facebookページのトップに表示される「ページの簡単な説明」と、必要に応じて「WebサイトのURL」を入力します。

【注意:文字数制限】
画面上には「155」という数字が表示されています。しかし実際には、日本語で入力する場合、85文字までしか入力できません。「情報を保存」をクリックしても次の画面に進まない時は、文字数を確認してみてください。

6:プロフィール写真の設定

180×180ピクセル以上の正方形。

プロフィール写真

Facebookページのアイコンとなる「プロフィール写真」を設定しましょう。企業・ブランドのロゴやキャラクターを設定するのが良いでしょう。サイズ:180×180ピクセル以上の画像ファイルをアップロードしてください。

その後、画面に表示される「3 お気に入りに追加」と「4 より多くの人にリーチ」は、ひとまずスキップしても構いません。

スキップすると、作成したFacebookページへ移動します。

7:カバー写真の設定

Facebookページの看板画像。

カバー写真の設定

Facebookページが表示されたら、ユーザーが最初に目につく「カバー写真」を設定しましょう。ユーザーがページに「いいね!」した際、そのユーザーの友達のニュースフィードにも表示されます。サイズ:幅851ピクセル×高315ピクセル以上の画像ファイルをアップロードしてください。

8:基本データの設定

Facebookページの詳細を登録。

基本データの設定

Facebookページの詳細情報もきちんと登録しましょう。詳細の説明を記入する際にも、30秒以内に読める文章量を意識してみてください。

□トピック
□所有者情報
□詳細(30秒以内に読める量)
□設立
□商品・サービス など

9:コールトゥアクションを作成

ビジネス目標達成に繋げる。

ビジネス目標達成

ビジネス目標に応じて、FacebookページにCTA(Call To Action、コールトゥアクション)ボタンを設定しましょう。現時点で、以下の7つのアクションから選択できます。

□予約する
□お問い合わせ
□アプリを利用
□ゲームをプレイ
□購入する
□登録する
□動画を見る

10:Facebookウェブアドレスを設定

分かり易い独自のURLを設定。

Facebookウェブアドレス

25人以上のファン(Facebookページへのいいね!)を集めて、Facebookウェブアドレスを設定しましょう。これにより、印刷物への記載、Webやメールでの告知が容易になります。

Facebookの友達を招待したり、広告を展開したり、価値の高い情報を定期的に配信したりすることで、Facebookページのファンを増やすことができます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
神奈川が15%増:Facebook 都道府県別 利用状況 2014年12月

最後に:顧客価値を高める

冒頭でお伝えした通り、「誰のために、何のために。」を突き詰めることが非常に重要です。

顧客価値を高めながら、顧客との繋がりを構築しましょう。