Google+利用のソーシャルディスプレイ広告「+Post」が来る!

written by 高橋慶彦
+Post

米Googleが、ソーシャルディスプレイ広告「+Post」を発表しました。
Google+の投稿を「Googleディスプレイ広告」の広告として表示します。

これは、どういうことかと言うと、
外部サイトにソーシャル要素を持つ広告を出せると言うことです。

WEBサイトで広告を見たユーザーが
「+Post」のディスプレイ広告にマウスを合わせると
画面内に内容が拡大表示されます。

その中で、ユーザーはGoogle+アカウントを使用し、
コメントや「+1」の投稿、そして、ハングアウトへの参加も可能になります。

Facebookの投稿をページ内に埋め込むと言う機能が追加されましたが、
あれは、基本的に自社サイト内に埋め込むことになるでしょう。

しかし、この「+Post」は、「Googleディスプレイ広告」です。
外部サイトに、ソーシャル要素を含む「広告」をねじ込みます。
Googleだからこそできる、新しい広告の形と言えます。

トヨタ、リッツ・クラッカー、キャドバリーなどが
テストに参加しています。

参考:Google+への投稿を他のサイトの広告として配信する+Post Adsのテスト開始―トヨタ、キャドバリーなどが参加 | TechCrunch Japan
ソース:Google+