Webマーケティング・SEOに便利なGoogle Chrome拡張機能10選

Webマーケティングに便利なGoogle Chrome拡張機能10選

Google Chromeユーザーのみなさん、拡張機能を活用されていますか?

拡張機能とは、ブラウザに新しく機能を追加し、自分のブラウザ環境を便利にカスタマイズできる簡易プログラムです。

今回のブログでは、Google Chromeを利用されている、Web担当者・マーケティング担当者の方々にとって、便利な拡張機能をまとめてご紹介します。拡張機能で作業を効率化し、更なる成果へ繋げるために、是非お試し下さい。

Web・マーケティング担当者にインストールして欲しい、便利なGoogle Chrome拡張機能まとめ

thumbnail

それでは早速、Googleが提供する公式のものから、外部サービスとも連携できる便利なものまで、Web・マーケティング担当者にインストールして欲しい、便利なGoogle Chrome拡張機能をご紹介します。

 1:Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)
 2:Tag Assistant (by Google)
 3:PageSpeed Insights (by Google)
 4:Google Similar Pages
 5:AdMatrix Analytics
 6:Awesome Screenshot
 7:Evernote Web Clipper
 8:User-Agent Switcher
 9:Ghostery
 10:Buffer

Google Chrome拡張機能10選、個々についてご説明します。

1:Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)

Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)

自分がWebサイトを運営・管理する側の場合、自分のアクセスは、アクセス解析をするログデータから除外したいと考えます。この拡張機能は、特別な設定不要で、Google AnalyticsのJavaScriptと連携し、Google Analyticsに情報が送信されないようにできます。

» インストールする

2:Tag Assistant (by Google)

Tag Assistant (by Google)

Google Analytics、Google Adwordsのコンバージョン トラッキングなど、Googleのタグが正常に動作しているか確認することができます。また、状況に応じて、改善案を提示してくれます。

» インストールする

3:PageSpeed Insights (by Google)

PageSpeed Insights (by Google)

ページ表示速度は、コンバージョン率(CVR)の向上を考える上で、大切な要素の1つです。この拡張機能は、そのページ表示速度を分析できます。
ウインドウ右上のChromeのメニューから、「ツール」→「デベロッパー ツール」を選択し、の「PageSpeed」タブを表示します。「分析」ボタンをクリックすると、ページ表示速度と改善案を提示してくれます。

» インストールする

参考過去記事:
0.1秒の遅れが、1%の売上に影響する!? ページ表示速度の影響力と改善法まとめ

4:Google Similar Pages

Google Similar Pages

閲覧中のWebページと類似するページを提示してくれます。関連性の高い情報を調査していたり、競合のWebサイトを調べたりする時に非常に便利な機能です。

» インストールする

5:AdMatrix Analytics

AdMatrix Analytics

閲覧中のWebページのSEO内部対策状況を一目でチェックできる解析ツールです。ページ内で使用されているHTML要素の内容、SEOワード出現率、テキスト量、表示速度を把握できます。オプションのマッピング機能では、見出しの位置やの内容を画面上に表示することも可能です。

» インストールする

6:Awesome Screenshot

Webページの全体または一部をキャプチャーすることができます。更に、各種の図形や文字で注釈を付けることも可能です。わざわざ、Photoshopなどの画像編集ソフトを使用しなくても、最低限の注釈が可能になります。

» インストールする

7:Evernote Web Clipper

Web上で見つけた、気になるページをEvernoteアカウントに保存することができます。不要なコンテンツをページから排除して、きれいで読みやすいクリップにしたり、ページのスクリーンショットを撮り、注釈を描き込んで共有することもできます。

» インストールする

8:User-Agent Switcher

User-Agent Switcher

Chrome・Firefox・Safari・IEなどのブラウザや、PC・スマホ・タブレットなどのデバイスごとに、様々な環境でどのように見えるかを疑似的にチェックすることができます。最終的には、実際の環境でのチェックが必要です。

» インストールする

9:Ghostery

Ghostery

Google、Facebook、その他500以上の広告や行動データに関係する、トラッカーやウェブバグ、ピクセル、ビーコンなどを検出してくれます。元々は、プライバシー保護を目的としたツールですが、運営側としては、設置した様々なタグの動作を確認することができます。

» インストールする

10:Buffer

Buffer

TwitterやFacebookへ、適当な時間に投稿してくれるサービス「Buffer」の拡張機能です。特徴として、「今すぐ投稿」「時間を決めて予約投稿」「適当な時間に分散して投稿」の中から選択が可能です。

» インストールする

最後に:より効率的に、成果へ繋げる。

便利な拡張機能を厳選していけば、効率的に作業を行うことができます。

作業効率性をアップさせ、より大きな成果へと繋げて下さい。

今回ご紹介した他にも拡張機能はたくさんあります。みなさんのオススメがあれば、Facebookページで共有して下さい。