ヤフトピに学ぶ3つのコツ、タイトルライティング術

ヤフトピに学ぶ3つのコツ、タイトルライティング術

多くの人に読まれるコンテンツのタイトルには、ルールがある。

多くのネットユーザーがチェックする、Yahoo!トピックス。ヤフトピの記事が、多くの人から読まれるには理由があります。そのタイトルを決める際の3つのコツをご紹介します。

ライティングで顧客価値を追求する

今回は、ヤフトピ担当者に学ぶ「タイトルライティング」について、個別に公開した3つのブログ記事の中から、重要なポイントを抽出しまとめてご紹介します。

人が見る13文字。ヤフトピに学ぶ、効果的なタイトル

人が見る13文字。ヤフトピに学ぶ、効果的なタイトル

人が一度に知覚できるのは、13文字以内。読めるではなく、人が見て認識できる文字数が、13文字以内ということです。

ヤフトピは、トップページに表示される文字制限である「13文字」以内でどこまで伝えることができるかを考えながら、タイトルを決めています。

ユーザーが、「記事を読む」という行為をする時のことを考えてみましょう。ユーザーは、ネットを見る際、特にスマホの場合、情報を流し読みしています。その一瞬で内容を理解でき、惹き付けるタイトルが求められます。

読まれるタイトル。ヤフトピから学ぶライティング

読まれるタイトル。ヤフトピから学ぶライティング

「装飾に頼らず、読み易さを追求し、変にクリックさせようと考えない。」相手の価値を追求した本質的なライティングを徹底することが大切です。

結局、小手先では響かない。タイトルを考える際、ヤフトピ担当者は小手先ではなく、「読み手のための本質的な価値」と「発信元に対する長期的な信頼」の2つを重要視しています。

安易な装飾によって楽な選択をしたり、タイトルと記事の内容が乖離しているような情報を発信したりすることは避け、「ストイックな姿勢」を貫き通すということは、非常に大切です。

長期的視点が大切。ヤフトピに学ぶ、クオリティ管理

長期的視点が大切。ヤフトピに学ぶ、クオリティ管理

客観的かつ長期的に、顧客価値を高める。タイトルは本文よりも多くの人の目に留まります。それ故、タイトルは、コンテンツのクオリティを管理する上で、注意すべきポイントの1つです。

一時のPVだけを求めず、顧客価値を最優先し、長期的に選ばれるブランドを創造する。ヤフトピの担当者は、非常に細かい部分まで気を配り、ブランド価値を長期的に高めています。

高い価値は、質の高いファンを創る。「誰に対して、どんな価値を提供すべきかを考え、徹底する。」ということが非常に重要なポイントです。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
ニコ動・ドワンゴに学ぶ、ストーリーでブランド価値を高める方法

最後に:全ては、選ばれ続ける存在になるため。

SEO対策やブランディングの観点から、より効果的なWeb活用を実現したい企業が増えています。

顧客価値を徹底的に追求し、持続的に選ばれるブランドを創造できるか。

一時的に「売れる」ことを目指すのではなく、持続的に「選ばれる」存在になるために、ブランドとして何をすべきかを追求し、実践していくことが大切です。

ライティングは、それを実現するテクニックに過ぎません。顧客のために、自社の価値を一緒に高め続けていきましょう。

著者:高橋慶彦(ブログ運営責任者)

効果的なライティングのコツを
シェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく