売れる、成功するキャッチコピーの法則と事例と無料ツールまとめ

売れるか悩んだら見て欲しい、成功するキャッチコピーの法則と事例まとめ

「このキャッチコピーで、人を惹き付けられるだろうか?」
「販売促進に繋げて、売上アップに貢献できるだろうか?」

販促やマーケティングに関わる方であれば、Webや印刷物など媒体の種類に関係無く、打ち当たる課題「売れるコピーライティング」。その課題を解決するため、キャッチコピーの成功法則と事例について書かれたWebページをまとめてご紹介します。

売れるキャッチコピー!成功する法則と事例と無料ツール

売れるキャッチコピー!成功する法則と事例とおまけツール

今回は、成功するキャッチコピーを作るために、参考となるサイトをまとめてご紹介します。

□成功するキャッチコピーの法則を教えてくれる記事5選
 ■キャッチコピーの基本型を学ぼう!
 ■販促物制作の実績に基づくキャッチコピーの成功ルール
 ■ターゲット視点で作るネットショップのキャッチコピー
 ■伝わるキャッチコピーの「考え方」の3段階
 ■心理学的効果から考える成功するキャッチコピー
□成功するキャッチコピーの参考事例集2選
 ■大手企業キャッチコピーまとめ50選
 ■60の心に残るキャッチコピー事例集
□おまけ:無料Webサービス
 ■成功するキャッチコピーが作れる?自動作成「コピーメカ」

それでは、個々についてご紹介していきます。

成功するキャッチコピーの法則を教えてくれる記事5選

成功するキャッチコピーを考えるには、法則やルールを学ぶのが効果的です。今回は、参考になる5つの記事をご紹介します。

キャッチコピーの基本型を学ぼう!

キャッチコピーの基本型を学ぼう!

キャッチコピーの基本型30
(バズ部)

“昔から今まで、普遍的に高い反応率を稼ぎ続けているキャッチコピーの基本の型を30個ご紹介する。この基本型を最適な形で組み合わせて使うと、誰でも簡単に反応率の高いキャッチコピーを作ることができる。”

販促物制作の実績に基づくキャッチコピーの成功ルール

販促物制作の実績に基づくキャッチコピーの成功ルール

伝わるキャッチコピー 16の法則
(マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ)

“伝わるキャッチコピーというのがあります。ここにあげたものは代表的な法則です。今までボクがさまざまな販促物を作ってきて、反応のよかったものをまとめたものです。これを知っていると、POPやチラシ、ダイレクトメール、メールマガジン、ホームページ、ブログなどの反応をよくするための手がかりになると思います。”

ターゲット視点で作るネットショップのキャッチコピー

ターゲット視点で作るネットショップのキャッチコピー

客層をイメージしてキャッチコピーを作る 売れるネットショップの法則41
(Web担当者Forum)

“自店舗の潜在客、つまり「客層」を何種類かイメージし、具体的なキャッチコピーを作ろう。これは、店舗のキャッチフレーズよりも一歩踏み込んだ「売り文句」で、商品ページやメルマガなど、あちこちに掲載する。”

伝わるキャッチコピーの「考え方」の3段階

伝わるキャッチコピー「考え方」の3段階

そのキャッチコピー本当に『刺さる?』を判断する、ある1つの質問
(WEB戦略ラウンドナップ)

“ランディングページにしても、WEBサイトのトップページのメインビジュアルにしても、キャッチの良し悪しは、マーケティングの成功に直結します。(中略)そんな大事な「キャッチコピー」の考え方ですが、経験上ユーザに響きやすくなる順に大きく3つのステップがあると考えています。”

心理学的効果から考える成功するキャッチコピー

thumbnail

広告コピーにひそむ心理学
(designaholic -Creative Column)

“よく目にする広告コピーにはいろいろな心理学的効果が潜んでいます。聞いたことあるものばかりだと思いますが、その裏にある心理的な効果を掘り下げてみました。”

成功するキャッチコピーの参考事例集2選

成功するキャッチコピーを考えるには、成功した事例から学ぶのが効果的です。今回は、参考になる2つの記事をご紹介します。

大手企業キャッチコピーまとめ50選

保存版【マーケティング担当必見!大手企業キャッチコピーまとめ50選】
(「小売×IT」の未来を考えるブログ)

60の心に残るキャッチコピー事例集

60の心に残るキャッチコピー事例集
(日刊ウェブログ式)

おまけ:無料Webサービス

成功するキャッチコピーを考える上で、少しおもしろいサービスを見つけましたので、この機会にご紹介します。

成功するキャッチコピーが作れる?自動作成「コピーメカ」

成功するキャッチコピーが作れる?自動作成「コピーメカ」

コピーメカ
このWebサービスは、簡単な言葉を入力するだけで自動的にキャッチコピーを作成してくれます。

1.「(商品やサービスの一般名)〜を(消費者の行動)〜する」を入力
2.商品・サービス・お店の名称(固有名)を入力

後は、ボタンをクリックするだけで、全50案の内、5つの案が自動的に表示されます。お時間がある時に試してみて下さい。

最後に:気付いて貰えなければ、伝わらなければ。

販促物は、まず見込み客に見て貰えるかどうかがスタートです。そして、ちらっと見て終わるのか、何かしらのアクションを促進できるのかが問題です。

ちらっと見て捨てられたり、通り過ぎられるようなキャッチコピーにしないよう、検証と改善を繰り返していきましょう。Web広告のような再設定な可能な媒体については、A/Bテストなどをしながら検証することも重要です。

全てはお客様により価値の高い、商品・サービス・情報を伝えるために。キャッチコピーも改善していきましょう。