「身につける」から「着る」ウエアラブルに!デバイス革命のその先に。

written by 高橋慶彦
「身につける」から「着る」ウエアラブルに!デバイス革命のその先に。

東レとNTT、NTTドコモが、
着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる素材
「hitoe(ヒトエ)」を共同開発したと発表しました。

スマホ・タブレットが普及し、「持ち歩く」の概念が変わり、
次の世代として考えられるのが、「身につける」の文化、
いわゆる「ウエアラブル」です。

グーグルグラスやスマートウォッチなどが既に発表される中、
今回の「hitoe」は、正に「身につける」=「着る」製品です。

スポーツ・アウトドア分野での活用が期待され、2014年中に、
ウエアとスマホをセットにしたサービスが展開される予定です。

このようなデバイス革命は、新たなユーザー体験を生み出し、
その価値を更に高めていくことになるでしょう。

みなさんが、ランニングしながら自己の運動管理を行ったり、
遠隔でトレーナーにチェックして貰ったりできる未来が、
すぐそこまで来ています。

このような新たな価値観を生み出す製品を
自分も作っていきたいと考えています。