【動画】タイポグラフィを学べるクールな海外のインフォグラフィックスまとめ

企業のWeb・マーケティング担当者にとって、あるいは、販促物に携わるクリエイターにとって、「タイポグラフィ」はデザインにおける大切な要素の1つです。

タイポグラフィ(Typography)

デザインにおいて、視覚的な情報は大きく2つに分けられます。視覚的に瞬時に伝える「見る情報」と視覚的にある程度の時間で伝える「読む情報」です。デザインの中に存在する「文字」においても、この2つの情報が存在します。

情報のイメージを伝える、文字の書体・大きさ・書式・形状・色。
見た人が読みやすい、文字の書体・大きさ・書式・形状・色。

デザインする際、このような文字の構成や表現について考える必要があります。

デザイン・マーケティングにとって重要なタイポグラフィを学ぶインフォグラフィックスまとめ

thumbnail

冒頭でご紹介した動画は、タイポグラフィの歴史を学ぶことができる、インフォグラフィックスで構成されたショートムービー(アニメーション)です。

font type
Helvetica
Pixel Type
Mix

インフォグラフィックスを活用すると、よりクリエイティブに、より分かりやすく、より親しみやすく、情報を伝えることができます。

タイポグラフィの概要と進化が学べるインフォグラフィックス

タイポグラフィの概要をまとめたインフォグラフィックスです。文字の形や書体で、私たちが感じるイメージも大きく変わります。具体的なイメージも含めてご紹介してくれています。

The Evolution of Typography

冒頭でご紹介した動画の内容を1枚の画像でまとめてくれているインフォグラフィックスです。

□企画書やプレゼン資料にインフォグラフィックスを
 活用されたい方はこちらの過去記事をチェック↓↓

【企画書の作り方】今すぐ使えるインフォグラフィックスツールまとめ

最後に:タイポグラフィの「伝える」パワー

フリーの安っぽいフォントを使用したり、その情報に相応しくないフォントを使用すると、それだけで情報の価値が下がってしまいます。

先日、Web上に公開されている行政資料を見ました。ある都道府県の人口推移に関する報告書で、その都道府県の人口はかなりの
減少傾向です。そのような報告書のタイトルに、安価なPOP系の書体が使用されていました。これだけで、個人的には、仕事への取り組み方を疑ってしまいました。

タイポグラフィは、見る人へ想い・イメージ・情報を伝える上で、非常に大きな役割を担います。Webサイトや印刷物を制作する際には、是非タイポグラフィについて考えてみて下さい。

タイポグラフィの歴史をシェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく