世界をリードする写真共有SNSアプリが日本から生まれるか?

written by 高橋慶彦
世界をリードする写真共有SNSが日本から生まれるか?

“産業革新機構などから総額8億円を2012年夏に調達したソフト開発のリプレックス(東京・渋谷、直野典彦社長)。豊富な資金を元手に開発した、世界を狙う新サービスがいよいよ本格稼働した。”

引用:狙うはインスタグラムの次 跳ぶか国産写真アプリ

それが、写真共有SNSアプリ「Scene」です。
非常に興味深いアプリです。

いくつか特筆すべき点があります。

 □スピード
 □マルチデバイス
 □画像圧縮技術
 □UI/UX
 □クローズド

とにかく爆速。
画像のアップ・共有が、めちゃめちゃ早い。

パソコンにある画像データもアップすることができ、
スマホのアプリで見ることができます。

そのスピードを支えるのが、独自の画像圧縮技術。
見た目の画質をほぼ落とさずに、100キロバイト程度まで圧縮。
この技術により、1000枚一気に友達に共有するという
通常は相当な時間を要する作業があっという間に終わってしまいます。

そして、実際に触ってみると、非常にストレス無く使えます。
カレンダーによる写真表示、サイズ変更可能なサムネイル表示、
アルバム作成(写真まとめ)、友達への共有、
最初のログインすら、名前を入力するだけというシンプルさです。

最後に、このアプリは写真を共有し、コメントしたり、
みんなでアルバムを一緒に作ることができるアプリですが、
Instagramのように誰でも見られるオープンなものではなく、
指定した友達同士で共有する、非常にクローズドなコミュニティを想定した
写真共有SNSアプリと言えます。

ユーザー視点で徹底的に洗練されたアプリとして、
是非、世界をリードするアプリになって欲しいです。

私は現在、アプリとデバイスを組み合わせた事業を考えています。
今回のアプリは、非常に参考になりました。
私も世界へ挑戦をします。着実に進めていきます。