約50円で作れる「使い捨ての紙製顕微鏡」

written by 高橋慶彦
約50円で作れる「使い捨てペーパークラフト顕微鏡」

個人的に、かなり衝撃的なニュースを見ました。

スタンフォード大学の生物物理学者マヌー・プラカシュ博士が、
紙を加工して、簡単に自分で作ることができる、
使い捨て顕微鏡「Foldscope」を開発しました。

Stanford bioengineer develops a 50-cent paper microscope | Scope Blog

)

この紙で作る顕微鏡にかかるコストは、約50円です。
世界中の簡単に顕微鏡を買えないような場所・地域でも、
この顕微鏡であれば、より容易に購入できるでしょう。
また、支援ツールとしても活用できるでしょう。

印刷という業界にいて、紙と毎日密接に生活しているにも関わらず、
ここまでの発想が自分の中に無かったことに対し、大きく反省しました。

製造業の人間が陥る「落とし穴」に見事にハマっていました。

設備があるから、ペーパークラフトで何かできないか考えるのではなく、
どんな社会的な課題を解決したいか考え、それを実現するために、
ツールの1つとして、現在保有する資産を有効活用できるか考える。

約50円で作れる「使い捨ての紙製顕微鏡」。
こんな製品を開発したい。