【動画】東京2020五輪招致PRを制作した映像会社が表現する、日本の未来。

2020年、東京オリンピック。招致の時のスローガンが、
“Discover Tomorrow~未来(あした)をつかもう~”。

2020年は、世界に対して、日本をプレゼンテーションする時。
その時まで、日本は、東京は、私たちは、何を実現できるでしょうか?

東京2020五輪招致PRを制作した福岡の映像会社、クリエイティブ・スタジオ 空気株式会社(KOO-KI)が、日本の未来(あした)をテーマに制作した動画をご紹介します。

あなたは、2020年までに何を実現しますか?

Japan Today Tomorrow

空気株式会社(KOO-KI)は、福岡県にある映像制作会社です。

モーショングラフィックス、アニメーションなど様々な表現方法を駆使し、映像の企画・演出・制作をメインに「ビジュアル・コミュニケーション全般」のクリエイティブ活動を行われています。

過去に制作した映像作品には、デザインアワードでの受賞作品も多く、最近の代表的な例は、東京オリンピック/パラリンピック2020招致国際プロモーション映像「Tomorrow Begins」。2020年の東京オリンピックの実現に、大きく寄与した映像作品です。(この映像は、現在公式には公開されていない様です。)

今回ご紹介した映像は、TVCM、TV番組、ゲーム、ロゴCI、デジタルサイネージ、オリジナルアニメや映画など様々な映像作品を世に送り出す「空気株式会社(KOO-KI)」が、「Tomorrow Begins」と一緒にKADCアワード2013に出品したものです。

Japan Today Tomorrow - Green
Japan Today Tomorrow - Life
Japan Today Tomorrow - Safety
Japan Today Tomorrow - Culture
Japan Today Tomorrow - Tourism
Japan Today Tomorrow - Japan

「Green・Life・Safety・Development・Culture・Tourism」という6つの観点から、日本が世界に対して提示するソリューションや世界に影響を与え続ける価値について、画像とPOPなインフォグラフィックスで表現しています。

過去、現在、そして、日本の未来。

あなたは、2020年までに何を実現しますか?

日本・あなたの未来(あした)をシェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく