次期iPhoneで今度こそNFC対応なるか?モバイル決済だけじゃない

thumbnail

海外ニュースサイト「BrightWire」によると、
次期iPhoneはNFCに対応するかもしれないそうです。[1]

前回もこの話はありましたが、今回の信憑性はどうでしょうか?
私は、是非NFCに対応して欲しいです。

ピッとタッチするNFCとは?

みなさんは、NFCという言葉をご存知でしょうか?
もし仮に、言葉は知らないとしても、
知らず知らずの内に使用していると思います。

“NFC(Near Field Communication)=近距離通信の名前が示すとおり、通信距離は10cm程度に限定され、その最も特徴的な機能は「かざす」だけで、誰でも簡単にデータ通信が可能になることです。”

引用:NFCポータルサイト|NFCとは|
   【NFCとは】NFCの基礎知識と特徴について

みなさんも一度は、携帯を機械にかざして、
ピッと何かを読み込んだり、携帯をかざしてお支払いをした
経験がありませんでしょうか?
その時、NFCを活用していることになります。

次期iPhoneで今度こそNFC対応か?

個人的には、是非NFCに対応して欲しいのですが、
どうもAppleはその必要性をあまり感じていないようです。

どうしてNFCは、導入されないの?

「Passbookで十分。」という考えがあるようです。

少し昔の話ですが、アメリカはバーコード社会で、
NFC対応端末が十分に整備されておらず、
Passbookで十分、市場の欲求に答えているという話もありました。[2]

日本にいると、様々なお店でモバイル決済が可能です。
公共交通機関での電子決済の導入が大きな要因かと思います。

もし、導入されたらiPhoneでもモバイル決済が可能に!

私は、iPhoneとAndroidの2台持ちで、
Androidの方で、電子決済をよく利用します。

使ったことが無いという方は、是非、使ってみて下さい。
小銭も支払いなど、時間を短縮できます。

また、JR東日本のモバイルSuicaで新幹線の特急券を購入すると、
「モバトク」や「スーパーモバトク」という形で、
通常購入するよりも安く買うことができます。

販促の分野でNFCを活用したい

私は、販促の分野でNFCを活用したいと考えています。

具体的には、ポスター・POP・デジタルサイネージを組み合わせ、
ターゲットをスムーズに、情報・コンテンツへと
誘導することが可能になると考えています。

今現在、iPhone・Androidの両方で使える仕組みは、
独自開発かQRコードしかありません。

iPhoneがNFCに対応すれば、
iPhone・Androidの両方のユーザーをターゲットとした
より効果的な販促ツールを提供出来るはずです。

最後に

個人的には、次期iPhoneにかなり期待しています。
それでも、まだAppleは搭載しないような気がします。

O2Oアプリ開発でも、使える技術ですので、
是非やって欲しいです。

引用:
[1]次期iPhone、NFC搭載でモバイル決済に対応するかも? : ギズモード・ジャパン

[2]ASCII.jp:おサイフなんて夢の話? iPhone 5にNFCが入らなかった理由 (2/3)|松村太郎の「西海岸から見る”it”トレンド」