お客様のニーズをデザインで実現した薄い財布

written by 高橋慶彦
[browsershot url=”http://superclassic.jp/?pid=16355432″ width=”600″]

2014年、新しい年の始まり。
新しいものが欲しくなっている方もいらっしゃるのでは?

身近な物から変えてみてはいかがでしょうか?

2013年のグッドデザイン賞を受賞した財布があります。

女性は小さなバックを持ち歩くので、
財布などをその中に入れられますが、
男性はあまりバックを持ち歩かないので、
財布が大きかったり、厚くなると邪魔で仕方ありません。
自分も男だから、よく分かります。

この財布は、そんな男性が抱える課題を
デザインで解決した非常に素晴らしい財布です。

その薄さの秘密は、財布の構造にあります。
折り畳んだ時に、コインとカードが重ならない構造になっています。
加えて、使い易さを追求したデザインが施されています。

デザインの役割の1つを、この財布で実現していると感じました。