定額制サービスを継続するためには何が必要か

written by 高橋慶彦
定額制サービスを継続するためには何が必要か

みなさんは、定額サービスを利用された経験はあるでしょうか?

最近では、映像系の定額サービスが増えています。
Huluも映画公開のタイミングに合わせて、
ドラマを見れる様にするなど、活発に動いています。

音楽もサービスが出てきていますが、
次は、何が出てくるのか?

既に海外では、oysterという
本(電子書籍)の定額サービスも出てきています。

定額サービスが、多くのユーザーを獲得するためには、
コンテンツ・サービスの質の追求が絶対的に必要です。

更に、今後求められるものは、
キュレーションの要素ではないかと考えています。

万人の趣向と広く浅く魅力を提供するコンテンツだけでなく、
特定の人の欲求を満たすコンテンツの集合体を作り出すことにより、
ユーザーが自ら行うべき「探す」という部分も代行し、
コンテンツを提案するという形です。