Facebookで大切な友達の投稿を見逃さない!ニュースフィードの見方・使い方

Facebookで最近見ない友達も実は投稿してる?ニュースフィードの閲覧方法

東京が62%の大幅減!都道府県別Facebook利用状況」という記事を先月公開しましたが、最近、ますますFacebookに対する不満を感じる人が、私の周囲に増えています。

理由として、Facebookのニュースフィード表示を制御するアルゴリズムが挙げられます。プライベートでの利用についてだけでなく、ビジネスでFacebookページを運営される方の悩みにも繋がっています。

そんな中、ある記事を読みました。初代モバツイ開発者、えふしん(藤川)氏が「Facebookのタイムライン制御に対する不信感」という記事をYahoo!ニュース 個人コーナーに投稿されていました。(公開後、ユーザーの反応を受け、追記修正されたようです。)

これは、私や私の周囲だけの課題だけではないと感じましたので、ブログを通して、ニュースフィードを見る方法について、改めて考えていきます。

Facebookで最近見ない友達も実は投稿してる?ニュースフィード閲覧方法

Facebookで大切なあの人の投稿を見逃さない!ニュースフィード閲覧方法

Facebookのニュースフィードを見ると、友達やFacebookページからの投稿が表示されますが、そこには表示の順番を決めるルール(アルゴリズム)が存在します。

まず、表示方法には、「ハイライト」「最新情報」の2種類が存在し、多くの方がデフォルト設定の「ハイライト」で閲覧していると思います。

「ハイライト」と「最新情報」

この「ハイライト」でニュースフィードを閲覧する場合、Facebookが決めたルールに基づいて、表示される順番が決まります。そのルール、つまり、順番を決める計算方法は、「エッジランク」と呼ばれます。

“エッジランクは、主にユーザー同士の新密度、投稿に対する他のユーザーからの評価の度合い、投稿の新しさなどの要素により、スコア付けされるといわれている。”[1]

つまり、Facebookのニュースフィードを「ハイライト」で見た場合、大枠としては、「親密な友達が最近投稿した中から、たくさんいいね!・シェア・コメントが付いた順に表示される」ということになります。尚、Facebookのヘルプを見ると、エッジランクには、投稿の種類(写真、動画、近況アップデートなど)を含む複数の要素が影響しているようです。

さて、ここで質問です。
「あなたの大切な人は、Facebook上の友達登録が多いですか?少ないですか?」

ここで、少ない場合が問題なのです。友達登録数の少ない人が、公開設定を「友達」にして投稿した場合、他の友達登録数の多い人の投稿と比べて、ほとんどの場合、「いいね!」の数は少なくなると思います。そうすると、アルゴリズムが決定する順番として、下の方になってしまうわけです。

Facebookは「ハイライト」を優先したい? iPhoneアプリで隅に追いやられる「最新情報」

Facebookは、「ハイライト」を優先したい?

Facebookは、「ハイライト」をデフォルト設定とし、優先しているように感じます。

アップデートによって、iPhoneのFacebookアプリのニュースフィード画面から、「最新情報」を選択する方法が無くなりました。これで、一般的なユーザーの大多数が何も気付かずに、何の疑問も持たずに、「ハイライト」で投稿を見ることになるでしょう。

ところで、「最新情報」を見る方法は、どこいった?

「最新情報」

ありました。画面下部にある「その他」を選択すると、「友達」の下に「最新情報」というメニューが準備されています。加えて、画面をスクロールしていくと、下の方に、「フィード」という枠がありますので、そこで「最新情報」を選択できます。

こちらをクリックすることで、エッジランクに関係無く、純粋にユーザーの投稿・いいね・シェア・コメントした日時の新しい順番で投稿を見ることができます。いわゆるタイムライン的な表示方法です。(余談ですが、事前に「友達リスト」を作っておけば、特定の友達の投稿を見ることもできます。)

最後に:選択の自由を知らないコミュニティの限界

「ハイライト」と「最新情報」、どちらを選択するかはユーザーの自由です。

私もそうですが、操作されている感が嫌いな人、きちんと投稿を見たい人もいるでしょう。あるいは、友達登録が多すぎて、いずれにしろ全部見れないから、人気のある投稿だけで良いという人もいるでしょう。

個人的に気になっているのは、FacebookがiPhoneアプリのニュースフィード画面から「最新情報」の選択方法を消したということです。元々分かり辛かったので、ユーザーに使われていなかったのかもしれません。

しかし、これにより、選択の自由を知らない人、積極的に色んな投稿を見ようとしない人が大多数を占めた場合、Facebookの価値を感じる人が更に減るのではないかと考えています。本来であれば、いいね・シェアによって拡散される価値のある投稿も、現時点でソーシャル力が無い人間が投稿したところで、完全にスルー状態です。

スルーされないように、いいね狙いの投稿で溢れ返るのか。あるいは、どうせ反応無いしとアクティブユーザーが減るのか。半年後、1年後と、Facebookのユーザー数を比較したいと思います。

[1]引用:
エッジランクとは (EdgeRank): – IT用語辞典バイナリ