販促事業:成約率と顧客単価をアップさせるツールを開発する

written by 高橋慶彦
販促事業:成約率と顧客単価をアップさせるツールを開発する

企業の販促を実現するツールを開発し、
売上アップに貢献する。

販促において、大きな2つのキーワード。
成約率と顧客単価。

どんなに集客できても、
見込み客を成約に繋げられなければ意味がありません。
どんなに成約できても、
利益を確保できなければ持続性が見込めません。

第一弾として、販促ビンゴカードの開発・提案を行っています。
これまで大手企業を中心に100社以上に導入頂いた実績を基に、
ビンゴを「成約率アップ・顧客単価アップ」ツールとして開発し、
企業の販促をサポートしています。

企業が接点を持ちたい見込み客を、店舗・会場で抽出するための
フィルタリングツールとして、ビンゴカードを活用できます。
あるいは、店員とお客様のコミュニケーションを活性化させ、
購入動機を提供し、顧客単価アップに貢献できます。

この仕組みは、大手企業の販促のみならず、
地域のイベントや商店街のイベントの活性化にも活用できます。

今後は、このような販促ツールを次々に開発し、
企業と地域の販促に貢献し、経済活性化に寄与します。