onomatope

日本語において約1%の勢力を持つオノマトペのスゴさ

written by 高橋慶彦 出典:『オノマトペラボ』 「表現」というものを考えていた際、 簡単に短く、感覚的に伝わる方法として、 「オノマトペ」に辿り着きました。 "オノマトペとは、「ザーザー」「ふらふら」など、擬音語、擬声語、擬態語の総称を示すフランス語で、日本語には特に数が多いと言われています。" 引用:オズマピーアール、国立国語研究所と「オノマトペ」でコミュニケーショ...