ターゲット

なぜ「選ばれる理由」の話が行われ続けるのだろうか?

written by 高橋慶彦 売れる販促物を考える際、  ・売れるチラシを作りたい  ・売れるWEBサイトを作りたい  ・売れる広告を作りたい 競合との差別化要因が必要になります。 それが、「選ばれる理由」であり、 お客様が、他社ではなく、あなたの会社のサービスや商品を選ぶ理由です。 今日、lifehackerで1冊の本が紹介されていました。 選ばれ...
スクリーンショット 2013-12-12 8.05.20

アジアを攻めるカワイイ写真共有アプリSnapeee:写真 × O2O を考える

written by 高橋慶彦 写真撮影 + デコる + シェア。 カワイイを愛する日本・アジアの女性が利用する 写真加工・共有アプリが、「Snapeee」です。 このアプリは、写真加工「デコる」という点において、 とにかくカワイイを追求しています。 スタンプ・ブラシ・フレームがとにかく豊富で、 吹き出しを付けたり、更には、フォントや色を選んだ上で、 文...
スクリーンショット 2013-12-11 10.52.31

食べログ・食べラは強い:写真 × O2O を考える

written by 高橋慶彦 「写真を投稿して、みんなに共有する」ということを考えた場合、 ポイントの1つは、楽しいかどうかです。 更に、その楽しさの1つとして、「みんなの反応」があります。 食べログが提供している「食べラ」は、この反応が非常に良いです。 機能として、フォロー・フォロワーが存在しますが、 それを1人も登録していない状況でも、 投稿してから15分〜30...
料理加工

Kawaiiデコ系+写真加工アプリ:写真 × O2O を考える

written by 高橋慶彦 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が、 スマートフォンを所有している18歳以上の男女558人を対象に 「スマートフォンのカメラアプリに関する利用実態調査」を実施。 ダウンロードしたカメラアプリを利用している人を対象に、 よく利用しているカメラアプリをきいたところ、 「LINE camera(38.8%)」「Instagram(20...
写真加工アプリ利用2013動向

写真加工アプリを使ってますか?(2013年11月):写真 × O2O を考える

written by 高橋慶彦 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が、 スマートフォンを所有している18歳以上の男女558人を対象に 「スマートフォンのカメラアプリに関する利用実態調査」を実施。 その結果、スマートフォンでの写真撮影について、 「よく撮影する」が28.7%、「時々撮影する」が47.8%、 「あまり撮影しない」が20.4%という結果になっています。...
写真加工アプリ利用

写真加工アプリを使ってますか?(2011年6月):写真 × O2O を考える

written by 高橋慶彦 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が、 モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、 「写真投稿・加工アプリの利用率、及び  ソーシャルメディアの連動に関する利用実態調」を実施。 その結果、36.0%が「写真投稿・加工アプリを利用」し、 アプリと連動させ、投稿するSNSの約半数が「Twitter」でした。 【調査...
9379915075_e8430fb602

何がKawaii? 何がNot Kawaii?:写真 × O2O を考える

Harajuku Kawaii by vsmak350 「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。 何がKawaii? 何がNot Kawaii? Kawaiiについて考えていたら、1つの記事を見つけました。 日本のかわいい文化についてあなたが知らない5つの真実 - Japan Real Time - WSJ(Wall Street Journal‎) Mana...
5829561903_80bc2693d1

Kawaiiは世界に広がる:写真 × O2O を考える

Kawaii neko hashioki!!! by MoonSoleil 「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。 Kawaiiは世界に広がる 日本のKawaii文化は、世界に広がっています。 ファッション、エンターテイメント、雑貨、文房具など、 日本人によって、生み出されたKawaiiは、 海外の人を魅了しています。 これは、今に始まったことではないのです...
Hand and book stairs isolated

段階的に考える:写真 × O2O を考える

「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。 段階的に考える 最初から完璧なものなど、できない。 そもそも、実際に利用したユーザーの声を得て、 サービスは、より良いものになっていく。 段階的に考えましょう。 まずは、1つずつ、課題を解決していく。 1つずつ、サービスの質を高めていく。 そして、機能を追加していく。 よりサービスに広がりを付加して、価値を高め...