home-office-336378_640

集客した見込み客の直帰率を下げる方法!ビジネスに繋がる人気ブログを作る8つのポイント

Webサイトやブログを活用し、売上アップを実現したいと思いますか? 見込み客のWeb集客を考えた場合、売上アップを実現するには、コンバージョン率(CVR)を改善し続ける必要があります。当然のことですが、どんなに広告やオーガニック検索で、ユーザーがWebサイトに来訪しても、それで終わっては意味がありません。何もアクションを起こさずに、ページを離れ、その後再訪もしないのでは、売上アップに繋げることが...
スクリーンショット 2014-06-05 09.19.46

これからのWeb制作は「コンサルティング+WordPressサイト構築」で考える

あなたは、何のためにWebサイトを制作・リニューアルしたいですか? 私は、企業の売上アップを実現するためにWeb制作をしています。Webサイトは、販売促進ツールの1つに過ぎません。 大切なのは、Webサイトを作ることではなく、その成果です。今回は、これからの企業やサービスのWeb制作について考えていきたいと思います。 (さらに…)...
1200px-LinuxWorldBoston2006.agr

展示会で見込み客を集客するために大切な7つのこと

written by 高橋慶彦 "LinuxWorldBoston2006.agr". Licensed under CC 表示 2.5 via ウィキメディア・コモンズ. 新規顧客を開拓する方法の1つとして、 展示会・見本市への出展が挙げられます。 しかし、出展=成果とは必ずしもなりません。 出展は、多くの来場者に知って貰う場所を得ただけであって、 実際に、見込み客との接点を構築するには...
具体的な数値目標設定

目標を達成するために絶対必要な5つのルール

written by 高橋慶彦 あなたは今、どんな目標を持っていますか?  □営業成績を上げたい  □売上をアップしたい 今月末の段階で、達成の見込みは、何%ですか? この質問に答えられないとすれば、 重要な5つのルールが徹底されていない可能性があります。 目標達成の確実性を上げるために、絶対に必要な5つのルール 目標を達成するには、重要なことがたくさんあります...
O2Oアプリで実店舗をショールーム化?

絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.9:O2Oアプリで実店舗をショールーム化?

売上アップ専門家の高橋です。 「vol.8:O2Oアプリはあなたがお店のどこにいるか大体知っている?」に続き、 お店や企業が、売上アップを目指すなら、 絶対に知っておいて欲しいキーワードの1つの 「O2O(オーツーオー)」について、 連載講座として、ブログ記事を公開していきます。 O2Oアプリで実店舗をショールーム化? 前回のブログ記事に引き続き、店内でどのように、 お客様...
絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.8:O2Oアプリ店内

絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.8:O2Oアプリはあなたがお店のどこにいるか大体知っている?

売上アップ専門家の高橋です。 「vol.7:あなたが近付くとiBeaconでO2Oアプリが反応する?」に続き、 お店や企業が、売上アップを目指すなら、 絶対に知っておいて欲しいキーワードの1つの 「O2O(オーツーオー)」について、 連載講座として、ブログ記事を公開していきます。 O2Oアプリはあなたがお店のどこにいるか大体知っている? 前回のブログ記事に引き続き、店内でどの...
絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.7:あなたが近付くとiBeaconでO2Oアプリが反応する?

絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.7:あなたが近付くとiBeaconでO2Oアプリが反応する?

売上アップ専門家の高橋です。 「vol.6:あなたに聞こえていない超音波をO2Oアプリは聞いている?」に続き、 お店や企業が、売上アップを目指すなら、 絶対に知っておいて欲しいキーワードの1つの 「O2O(オーツーオー)」について、 連載講座として、ブログ記事を公開していきます。 あなたが近付くとiBeaconでO2Oアプリが反応する? 前回のブログ記事に引き続き、店内でどの...
speedweb

印刷販促物の費用対効果を上げるPrint to Web:PAGE2013レポート

編集長の高橋です。 先週、サンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで行われた PAGE2013に行ってきました。 その中で、いくつか気になるものがありましたので、 ブログを通して、みなさんに共有したいと思います。 今回、ご紹介するのは、前回のARを活用した販促手法に続き、 印刷販促物の費用対効果を上げるPrint to Webです。 (さらに…)...