1.1目的:売上アップ

漠然とチラシを作ると、お金が勿体無い!

written by 高橋慶彦 あなたが作っているチラシの目的は何ですか? ほとんどのチラシの目的は、集客と成約でしょう。 では、何人集客して、何人成約したいですか? どんな人に来て欲しいですか、どんな人に買って欲しいですか? このようなこと決めずに、 チラシを作るのは絶対に止めましょう。 成果も期待できませんし、 仮に、成功できたとしても、 本当に成功したかどう...
新聞でAR広告!スマートフォンで読み込んで動画再生

なぜ、印刷物と動画をもっと融合させないのか

written by 高橋慶彦 先日、通販の新聞折り込みチラシで、 動画を活用した販促手法が採用されていました。 アプリをダウンロードし、 スマホの画面をチラシに合わせると、 商品写真の画像を自動認識し、 商品を紹介する動画を再生するという仕組みです。 チラシ・DM・パンフレットなど、 様々な印刷物が存在しますが、 動画をもっと活用すべきであると考えています。 ...
PAGE2013

印刷・紙媒体でARを販促に活かす6つのポイント:PAGE2013レポート

編集長の高橋です。 先週、サンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで行われた PAGE2013に行ってきました。 印刷業界の展示会は、確かに新しい技術・機械は出展されるものの、 正直、他の業界のイベントよりも、新鮮味に欠ける印象を受けます。 ただ、その中でも、いくつか気になるものがありましたので、 ブログを通して、みなさんに共有したいと思います。 今回、ご紹介するの...
パナソニック社内報の電子化:紙媒体からの脱却で企業が得るもの・失うものとは?

パナソニック社内報の電子化:紙媒体からの脱却で企業が得るもの・失うものとは?

編集長の高橋です。 パナソニックが、紙媒体としての社内報の発行を年内で終了し、 今後は、電子化するという。 海外拠点を視野に入れた多言語化への対応、 印刷・発送のコスト削減などが狙いだと言う。 これにより、85年間続いた紙媒体として社内報は終わりを迎える。 ※産経新聞「パナソニック社内報、紙媒体は85年の歴史に幕」 (さらに…)...
article placeholder

マグネット効果

ある商品がきっかけとなって、消費者の購買行動が他の商品に向けられてしまう効果のこと。 たとえば消費者が、チラシや店頭のディスプレイなどによって認知した商品に興味を持って店舗を訪れたが、当該の商品とは別の商品を購入するような場合のことを指します。 ...
article placeholder

チラシ

商品やサービスなどの広告を掲載した一枚物の印刷物のこと。 地域的な小売店の広告に広く利用され、新聞に折り込んだり、店頭や街頭で配布されるのが一般的。 新聞折り込みチラシ、店頭配布チラシのほか、店頭置き、駅置きなど、一定場所に置いておくものもある。 ...
売れる営業・ディレクターの法則・ツールまとめ

売れるディレクター・デザイナーになるために知っておいて欲しい印刷物制作の基礎知識 vol.1

最悪の刷り直しを避けるための方法? 色校正を行うべき3つの理由と2種類の色校正。 印刷販促物を制作する上で、最も避けたいのは「刷り直し」である。 印刷物の場合、通常は「使用する日時(=納期)」が決まっている。 その日までは何としても、完全な状態で納品をする必要がある。 そのため、事前にスケジュールを組み、校正を行い、 お客様からご確認・ご了承を頂き、紙を発注し、 印刷・加工を行い、最...