営業

what-to-do-for-sales-achievement

営業を見える化する3区分。目標達成と予材管理

3種に区分し、目標の2倍の予材を積み上げる:「予材管理」を行う上で、最低でも目標の2倍の予材が必要になると伝えています。契約10件には、20件の予材が最低でも必要であり、その20件を3つの分類の中で積み上げる必要があるということです。確実に成約に繋げながら、開拓を続けましょう。
sales-achievement-and-management

達成の鍵は、リスクヘッジ。営業目標と予材管理

目標を絶対達成する予材管理:営業目標の達成は、営業マンが当然行うべきこと。の実現のためには、「予材管理」が必要です。「売上目標を絶対に実現すること」を当然にするため必要となるのが、「予材管理(=「最低でも達成」するというリスクヘッジの思考を具現化したマネジメント手法)」です。
action-plans-and-concentration-in-core-competence

アクションプラン、売上達成するための集中と選択

売上達成のアクションプラン、効率性の最大化:プロセスシナリオと目標設定に基づき、アクションプランを考える上で、実現性と効率性は非常に重要です。どんなに素晴らしい計画でも、行動として実現できなければ意味がありません。どんなに時間を費やしても成果に繫がらなければ、アクションプランを立てた意味がありません。
action-plans-with-6w2h

目標達成のアクションプラン、6W2Hで落とし込む

売上目標達成は行動で決まる、その計画は具体的か?プロセスシナリオと目標設定に基づき、アクションプランを考える上で、具体性は非常に重要です。曖昧な計画からは、曖昧な結果しか生まれません。現実的に実現可能で、具体性の高いアクションプランを作ることで、目標達成の実現性を高めることができます。
breaking-down-the-annual-goal

10段階にブレイクダウン、絶対達成する営業目標設定

売上を絶対達成する目標設定の方法:目標設定を行う際、最終的なゴールの目標設定を行うだけでは、目標を達成することができません。年間や半期の目標数値から、日々の行動の目標数値まで、ブレイクダウンする必要があります。自身の売上目標を10段階でブレイクダウンしてみましょう。