展示会の新しいカタチ? BtoB向け日本初開発バーチャルイベントサービスを提供開始

[browsershot url=”https://shanon-virtual.smktg.jp/public/application/add/35″ width=”600″]

企業間取引(BtoB)を促進させるために、
展示会や見本市は、現在でも重要な役割を担っている。

新しい情報を取得するため、新たな取引先や商材を獲得するため、
毎年、数多くの商談イベントが全国各地・世界各地で開催されている。

本日、興味深いサービスがリリースされた。
それが、BtoB向け日本初開発バーチャルイベントサービス
「SHANON VIRTUAL EVENT」である。

株式会社シャノンが、
日本初の開発となるバーチャルイベントサービス
「SHANON VIRTUAL EVENT(シャノンバーチャルイベント)」と、
クラウドアプリケーション「SHANON MARKETING PLATFORM」の
ソーシャルメディア連携機能を、2012年12月4日より提供開始した。

このサービスは、「バーチャル」×「ソーシャル」による
BtoBマーケティングの効果最大化を目指すもので、
360°パノラマビューワー展示ブース表示機能、マルチデバイス対応機能、
動画ファイル・PDFスライド・静的WEBページコンテンツ配信機能、
集客メール配信・参加登録機能など、様々な機能を有している。

バーチャルイベントサービスは、米国での利用が近年増加しているサービス。
SHANON VIRTUAL EVENTは、日本国内では初の開発製品となり、
これまで海外製品故に導入に至っていない企業にとっては、
大変興味深いサービスになるだろう。

現在、キャンペーンを行っているのでご紹介したい。
SHANON VIRTUAL EVENT 体験キャンペーン

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方とって、
少しでも参考になれば幸いである。