儲かるブランディングとは?

shutterstock_327351386

儲けようとする人は破綻する。

ビジネスを行う上で、利益を追求することは正当なことです。

しかし、ドラッカーの『マネジメント』によれば、利益とは企業が活動を継続するための「条件」であり、「目的」ではありません。

利益を原資として、企業活動を継続することによって達成される「顧客の創造」こそ、企業の「目的」であると言います。

そして、顧客へ価値を提供し、顧客に貢献することで、社会貢献を実現できます。その結果、企業は顧客から利益を得ることができ、このサイクルを継続できるのです。

儲かるブランディングとは?

これまで数多くの上場企業や店頭公開を目指す企業のCI・IR・PR・CMなどに関わってきた、ブランディングプロデューサー 山咲 聖氏のセミナーに参加してきました。

そこで学び、多くの気付きを得た「ブランディングの基礎」をみなさんにシェアします。

「儲けるのではなく、儲かる。」

この「儲ける」と「儲かる」の違いを認識する必要があると、山咲氏は伝えてくれました。

儲ける:売ろう、売りたい、売らなければ、という思い
儲かる:それが欲しい、売って欲しい、という思い

□出典:山咲 聖氏の講演資料

儲けようと考えている多くの場合、顧客への価値提供よりも自分の利益や都合を優先しています。これを行うと、苦しい競争の中で永遠に戦い続けることになります。

一方、儲かっている状態とは、顧客の側から「あなたが持っているそれが欲しい、売って欲しい」と言われている状態です。

ブランディングとは、儲けるために行うのではなく、儲かる仕組みをつくるために行う施策です。

ブランディングの基礎

顧客が、商品の購入やサービスの利用を決める前には防衛本能が働き、ブレーキが掛かります。そのブレーキを突破してもらうために、ブランディングを活用できます。

ブランディングの基礎を学ぶことで、儲かるブランディングとは何かを知り、ブランドの重要性に気付くことができます。

0: 儲かるブランディングとは?
1: ブランディングの本質
2: 失敗しないブランディング
3: ストーリーブランディング
4: 顧客とブランディング
5: ブランディングとプレゼンテーション

それぞれの内容をチェックしてみてください。