イベント集客チラシ作成:特典設定の3ステップ

来場特典を決める3ステップ:イベント集客チラシ作成

「行こう!」を促す、来場施策。

ショールーム・展示会・商談会などのイベントを開催する際、見込み客の集客をどのように実現するか、考える必要があります。多くの企業は、チラシを作成・印刷して配布します。

イベント集客チラシ作成:無料特典で来場促進

顧客の背中を一押しする、来場特典。

来場特典

イベント集客チラシを作成する上で、いくつか大切な構成要素が存在します。来場特典もその1つです。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
イベント集客を増やすチラシの作り方と7要素

今すぐに参加申し込みを決定して頂くためには、最後の一言が重要となります。来場特典を準備することで、レスポンス率アップに繋がります。

今回は、その来場特典を設定する3ステップをご紹介します。

1:ペルソナの明確化

ターゲットの心に突き刺す。

ターゲット

まずは、ターゲットを明確にするために、ペルソナを構築します。

性別、年齢、居住地、家族構成、職業、収入、趣味、情報源、人生観、抱えている課題など、1人の人物像を思い浮かべられる様になるまで考えます。そして、日頃の行動やよく行く場所も考えましょう。

例として、社長の奥さん(女性・50歳)を想定した場合であれば、「こんなオシャレな場所で、友人とディナーを食べました。」「夫と一緒に、○○しました。」「夫に○○をプレゼントして貰いました。」など、SNS上の投稿内容も分析してみましょう。

このような行動まで考えると、決裁権を持つ旦那さんと一緒にイベント会場へ来てくれるか、イベント参加後にバイラルが生まれるかなどを考えることができます。

2:イベントコンテンツの立案

来場するだけの価値をつくる。

来場するだけの価値

無料特典と並行して、イベント期間内にコンテンツを提供すると更に効果的です。

その場合、ペルソナと一緒に来てくれる人が誰かに応じ、価値の高いコンテンツを企画しましょう。一緒に来てくれるのが、友達なのか、恋人なのか、配偶者(夫婦)なのか、家族なのかで、最適なコンテンツは変わるはずです。

3:来場特典の条件設定

○○したら、特典プレゼント。

特典プレゼント

来場特典を決める際、条件を設定する方法があります。

複数人でイベント会場へ来て欲しい場合に有効的なのが、「○○(誰)と一緒に来てくれたら、特典プレゼント」という設定方法です。先ほど考えた「誰と一緒にイベント会場へ来てくれるか」とリンクさせるのが効果的です。

その他、既に競合商品・類似商品をお持ちの方に対して、リプレイスを狙いに行くのであれば、「今お使いの○○をお持ち頂ければ、特典プレゼント」などが考えられます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
接客営業を阻む3つの壁:接客現場の課題解決

最後に:プロセスとストーリー

「無料で何かを提供すれば、人は集まる。」と、安易に考えるのは危険です。

無料特典を提供する場合でも、集客・来場・接客・契約という成約までのプロセスと、イベント全体におけるストーリーを意識することは、非常に重要です。

誰に対して、誰と一緒に来て、どんな価値を感じて欲しいかを明確にし、イベントの成功率アップに繋げてください。

イベント集客チラシの秘訣をシェアしよう!