店舗カードをビンゴカードにする販促手法

written by 高橋慶彦
店舗カードをビンゴカードにする販促手法

先日、某パチンコ店の店舗カードを制作させて頂きました。

今回、制作した店舗カードには、
ビンゴゲームの要素が組み込まれています。

通常、多くの店舗カードにあるのが、スタンプ枠です。
来店する度に、あるいは、購入する度に、
回数や金額に応じて、店員さんがスタンプを押していき、
規定個数のスタンプが貯まったら、
お客様は何かしらの特典やクーポンを得ることができる仕組みです。

基本的には、このスタンプラリー形式と同じです。
異なる点は、クリアー条件が枠の中にランダムに配置されているため、
ビンゴの方がゲーム性が高いという点です。

更に、ビンゴの特性上、「リーチ」という、
後1個という状況が、お客様の再来店や追加購入を後押ししてくれます。

店舗カードにビンゴの要素を追加することで、
再来店促進や顧客単価アップの販促ツールを生み出し、
企業の売上アップに貢献したいと考えています。